真田広之=スコーピオンが「Get over here!」 実写映画『モータルコンバット』日本公開が決定

SPICE


映画『Mortal Kombat』が『モータルコンバット』の邦題で6月18日(金)に日本で劇場公開されることが決定。IMAX(R)/4DX/MX4D上映も行われることがわかった。

『モータルコンバット』は、1992年にシリーズ第一作が登場した対戦型格闘ゲームシリーズ。様々な世界から集められた戦士たちが、自らの世界の命運を賭けた戦い“モータルコンバット”に挑む作品。個性豊かなキャラクターたちがそれぞれの技を駆使して戦うだけでなく、体から脊椎を引き抜くなどの「フェイタリティ」と呼ばれる残酷なフィニッシュムーブが登場するのが特徴のゲームだ。

同シリーズは、『バイオハザード』シリーズや『モンスターハンター』で知られるポール・W・S・アンダーソン監督による1995年の実写映画第一作『モータル・コンバット』をはじめ、映画・ドラマシリーズも多数制作されてきた。今回の実写映画『モータルコンバット』では、本作で長編映画デビューを果たすサイモン・マッコイド監督がメガホンをとり、ジェームズ・ワン(『アクアマン』、『死霊館』シリーズ)、トッド・ガーナー(『イントゥ・ザ・ストーム』、『タグ』)、E・ベネット・ウォルシュ(『メン・イン・ブラック:インターナショナル』、『アメイジング・スパイダーマン2』)らが製作に名を連ねている。

キャストでは、映画オリジナルキャラクターとなるコール・ヤングをルイス・タン(『デッドプール2』、Netflix『五行の刺客』)が演じるほか、ソニア・ブレイド役でジェシカ・マクナミー(『MEG ザ・モンスター』)、カノウ役でジョシュ・ローソン(『スキャンダル』)、ライデン役で浅野忠信(『ミッドウェイ』)が出演。またに、ジャックス役でメッカド・ブルックス(TVシリーズ「SUPERGIRL/スーパーガール」)、リュウ・カン役でルディ・リン(『アクアマン』)、シャン・ツン役でチン・ハン(『ダークナイト』『スカイスクレイパー』)、サブ・ゼロ/ビ・ハン役でジョー・タスリム(『スター・トレック BEYOND』『ザ・レイド』)らが共演。そして、スコーピオン/ハサシ・ハンゾウ役で真田広之(『ラストサムライ』)、。 クン・ラオ役でマックス・ファン、ミレーナ役でシシィ・ストリンガー、エミリー・ヤング役でマチルダ・キンバー、アリソン・ヤング役でローラ・ブレントも出演している。


すでに公開されている複数の海外版予告編では、作品のトレードマークとも言える残酷なフィニッシュムーブのほか、各キャラクターが名乗りを上げる場面、そして、真田演じるスコーピオンの決め台詞「Get over here!」も確認することができる。

『モータルコンバット』は6月18日(金) 全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ