松坂桃李 菅田将暉 賀来賢人、一緒に映画を作ろうと大盛り上がり「変なテンションに…」

dwango.jp news


松坂桃李菅田将暉賀来賢人が出演する花王の衣料用洗たく洗剤、アタックZERO(ゼロ)のコマーシャルシリーズ「#洗濯愛してる会」の新作CM「慎重なトーリくん」篇が4月7日(水)より全国で放送開始する。

今回放送する「慎重なトーリくん」篇は、洗たくを心から愛している者だけで結成された社会人サークル「#洗濯愛してる会」のメンバーとして、俳優の松坂桃李が最年長のまとめ役の「トーリくん」、菅田将暉が洗剤の消臭力にこだわる明るいオタクの「スダくん」、賀来賢人がなんでも自分で確かめないと気がすまない性分の「カッくん」を演じて、アタックZEROの清潔力なら、ハンドタオルなどの見えない汚れやニオイも洗い落とせることを、軽快な掛け合いのもと紹介する。

また、CM放送に先立って、出演者の3人がアタックZEROの2年間のCM出演を振り返り、プライベートのお洗たくや、新しく改良されたアタックZEROで一番気になったポイントについて語り合うメイキング動画が公開された。


<出演者コメント(メイキング動画より一部抜粋)>

――『アタックZERO』のCMも2年続いて、おかげ様で売上No.1を獲得しました。今回の大改良も含めて、パワーアップに2年間寄り添い続けたことになりますが、これまでの出演を振り返って頂いて、ワンハンドやパーパスやウイルス除去など、今までで一番印象に残っていることは何ですか?

松坂:これまで5人でやってきましたが、その中で唯一、菅田さんの代わりに他の方が出演された「洗濯機に合わせて」篇が印象に残っています。気づいたら洗浄された様にふわーっといなくなっていて、やっぱり菅田さんじゃないと、と思いました。
菅田:4人が正座している後ろから、何度も叫んだ「ニオイゼロ」篇が一番楽しかったです。現場もステージのようになっていて、後ろのスタッフの方まで声が届くように演じたので、あの回は演劇のようでした。
賀来:ショッピングモールのような場所で撮影した「抗菌+登場」篇が、子供の夏休みみたいで楽しかったです。朝早かったので、みんなちょっと変なテンションになっていて、今度、一緒に映画作ろうよと盛り上がったことを覚えています。

――今回の『アタックZERO』は「慎重なトーリくん」篇でした。ハンドタオルの汚れや菌がテーマでしたが、毎日のお洗濯を振り返って頂いて、みなさんお洗濯で何か気になったりすることはありますか?

松坂:ハンドタオルを何回も洗うと、生地がヨレてくると思いますが、あのヨレ加減が可哀そうで、いつ替えれば良いか気になります。洗う度にタオルの風合いが維持されていれば最強なのにと思います。
菅田:タオル掛けにかけたハンドタオルだと、あまり手を拭かない内側はキレイな気がするんですが、結局洗濯しています。みんなも片面使ったら洗濯するのか、折り返して両面とも使ってるのか気になることがあります。
賀来:ハンドタオルをどれくらいの頻度で洗ったら良いか気になります。もしかしたら、#洗濯愛してる会の5人が、何度洗ってもハンドタオルの風合いが維持される洗剤を、アタックZEROと絡めて開発できたら面白いなと思いました。

――ちなみにですが、今回『アタックZERO』で改良された3つの機能(抗菌プラス、ウイルス除去、洗たく槽の防カビ)の内、どれが一番気になりますか?

松坂:洗たく槽の防カビです。ハンドタオルなどを洗っても、何となくニオイが気になって、これちゃんと洗った?と思うことがあります。洗剤で防カビできれば、洗濯機の点検業者の方を呼ばなくても良いし、気になる機能だと思いました。
菅田:抗菌とウイルス除去は、洗濯以外の日常生活でも気を付けることができますが、洗濯機の中のことは忘れがちなので、洗たく槽の防カビが一番気になりました。
賀来:この前、自宅の洗濯機を点検してもらったのですが、見えない内に汚れが沢山たまっていてギョッとしました。洗剤で洗たく槽の防カビができれば、めちゃくちゃ良いと思いました。

――最後に『アタックZERO』ユーザーの皆さんにメッセージをお願いします。

松坂:CMをご覧のみなさん、こんにちは。今回、アタックZEROが改良され、見えない汚れやニオイに、より効果的になりました。是非ご自宅のハンドタオルなどで清潔力を実感してみて下さい!

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ