いつも忙しい彼がもらって嬉しい気遣いLINEの送り方は?

愛カツ


仕事や勉強に忙しい彼。

LINEを送っても良いか迷ってしまいますね。

邪魔はしたくないけれど、彼の様子も気になるし、なにより励ましてあげたい……

そんなとき、彼が負担に感じないLINEはどのような内容がベストなのでしょうか?

そこで今回は、「負担にならない気遣いLINEの送り方」についてご紹介します。

いつも忙しい彼がもらって嬉しい気遣いLINEの送り方は?

■ 1.時間帯を考える

早朝や深夜の時間帯に多忙な彼にLINEを送るのは控えましょう。

「彼は、音の出ないミュート設定にしているから大丈夫!」と思う方もいるかも知れませんが、LINEの通知が表示されるとつい気になってしまう方も多いです。

とくに、生真面目な性格の彼であれば「後で返信しないと」と負担になってしまう可能性も。

寝る直前に見た場合も「明日の朝、返信しないと……」と、覚えておかなければいけないこと自体をストレスに感じてしまう可能性もあります。

■ 2.返信がいらないことを一言付け加える

忙しくて返信することも大変そうであれば、「返信は大丈夫だよ」「返信はいつでもOK!」など、返信が不要な事を付け加えましょう。

なにより自分自身も、彼から返信が来なくて落ち込んだりする必要がありません。

彼も返信のプレッシャーから解放されるとともに、あなたの優しい気遣いを嬉しく感じるでしょう。

注意したいのは「返信不要!」「忙しいでしょうから返信は結構です!」など、文章によって嫌味に思われないようなメッセージを心がけましょう。

■ 3.あえてスタンプだけ送る

3.あえてスタンプだけ送る

あえてスタンプだけを送るのもアリです。

彼の好きなキャラクターの有料スタンプや、ウケ狙いのお笑い系のスタンプを送ることで、忙しい彼の気持ちを和ませたり笑顔にしてくれたりする効果があります。

注意したいのは、いくら彼好みのスタンプといっても、連続で入れないことです。

ポンっと、一つだけ彼好みのスタンプを送る方が彼への印象も良いでしょう。

■ 4.一言だけのラインを送る

LINEの画面に表示しきれない程の長文メッセージは彼に「ちゃんと読まなきゃ」「同じくらいの分量で返信しないと」とプレッシャーを感じさせる原因になります。

どんなに彼への想いが高まっていても、忙しい彼には長文メッセージは控えたほうが良いでしょう。

「応援しているよ!」「頑張ってね!」など、シンプルな応援メッセージを一言だけ入れるのも気遣いLINEのポイントです。

朝や夜に「おはよう」「おやすみ」など、彼が返信しやすいLINEを送るのも良いですね。

■ 彼の負担にならない気遣いLINEを心がけよう

忙しい彼は、精神的にも余裕が無くなっている可能性が高いです。

彼の負担になるようなLINEを送ってしまうと、「この子とはちょっと合わないな……」と彼の気持ちが冷めてしまうきっかけにもなりかねません。

プレッシャーを感じさせない気遣いLINEは、彼に「デキる女性」と思わせてくれます。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ