喜んでほしかっただけなのに…! エッチで彼氏にドン引きされた経験談

fumumu

起きる男性(Viacheslav Peretiatko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
ベッドの中で、彼氏に好印象を与えたかったのに…。

fumumu取材班は、やりすぎてドン引きされてしまった苦い経験を聞いてみました。

(1)お尻も舐めてあげたら…


最初から頑張りすぎると、危険かもしれません。

「とにかく嫌われたくなくて、エッチもすごく頑張っちゃうんです。今の彼氏と初めてした時は、舐めてあげたらすごく喜んで感じてくれてたので、そのままお尻の穴まで舐めてあげました。

そうしたら終わった後で、『今までの彼氏にもそうやってあげてたの?』と聞かれて。他の人にも濃厚なことをしていたと思うとイヤな気持ちになった、と言われました。最初から頑張りすぎは禁物かも」(30代・女性)

関連記事:

(2)喘ぎ声が大きすぎる


わざとらしく聞こえる場合も。

「『喘ぎ声が大きい=たくさん感じているので男性は喜ぶはず!』という思い込みは、大間違い。あまりに大きいとAVのようにわざとらしく感じて、男性は萎えてしまいます。

経験が浅いうちは男女問わずAVを参考にする人が多いですが、観賞用に誇張してあることを忘れないで。エッチは自然体、もしくは少し誇張するくらいが一番です」(30代・女性)

(3)過剰なエロトーク


発言にも注意しないと、引かれてしまうかもしれません。

「彼を興奮させたくて、『欲しくてたまらない』とか『我慢できないから早く』と言ってみたのですが、まさかのドン引き。

男性はこういうセリフに喜ぶと思っていたのですが、ビッチみたいで嫌だと言われてしまいました。思ってもないことは言わないほうがいいですね」(30代・女性)

何事もやりすぎには注意ですね。

・合わせて読みたい→テクニックのある男子とは得られなかった大切なもの

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ