TOYOTA、パッソの安全装備を強化 - スマートアシストⅢを「X」に追加し、全車標準装備に


TOYOTAは4月1日、パッソを一部改良し、発売した。

今回の改良では、安全・安心に配慮した装備を充実させた。「X」にスマートアシストⅢとコンライトを設定し、全車標準装備化。また、「X“L package"」にLEDヘッドランプを標準装備した。

さらに、快適装備として「X」のリヤドアおよびバックドアに、UVカット機能付プライバシーガラスを採用。そのほか、「X“L package"」に、シルバー+ピアノブラック調加飾を施したオーディオクラスターとサイドレジスターリングを設定し、外板色のラインアップを見直し、ターコイズブルーマイカメタリックを新設定(モノトーン9色、ツートーン4色の全13色)など、洗練された内外装も備えている。価格帯は126万5,000円~190万3,000円(税込)。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ