きゃりー、右手に腫瘤できて「痛い」 通院や手術を薦める声も

fumumu


きゃりーぱみゅぱみゅ歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんが、自身の公式ツイッターを更新。右手にガングリオンができていることを明かし、心配の声が集まっています。

■ゼリー状の物質の詰まった腫瘤が発生


きゃりーさんは6日、涙を流している顔文字を添えて「腱鞘炎からのガングリオン痛い」とツイート。ガングリオンとは、ゼリー状の物質の詰まった腫瘤のことで、手の甲側に発生しやすいことも知られています。

主に関節包や腱鞘の部分から発生し、無症状のものもありますが、神経が圧迫され痛みが生じるケースも。

若い女性に多く見られるというガングリオンができてしまったきゃりーさんに対して、ファンからは心配や励ましの声が続々と寄せられています。

関連記事:

■「手術して取ってもらった」という人も


さらに同日、きゃりーさんは「右手のガングリオンがちっと痛むぜ」とツイートしており、彼女のガングリオンは痛みが伴うタイプであるもよう。

リプ欄には、「お大事になさってください」「忙しいと思うけど無理しないでください」という労りのメッセージが寄せられ、中には今回の投稿でガングリオンの存在を「初めて知った」という人も。

また、過去にガングリオンができたことがあるというファンからは、「手術して取ってもらったよ」「手術しかない?」などといったコメントも書き込まれています。

■はじめしゃちょーもガングリオンに悩んでいた


ちなみに、昨年9月には、人気YouTuberのはじめしゃちょーも、「右手に巨大な腫瘍ができました。」という動画を公開し、注射器で腫瘍を摘出したことを報告していました。

きゃりーさんのツイートにも、「はじめしゃちょーと同じですね」という反響が寄せられ、痛がっているはじめ社長の画像を貼って「こうなる前に病院へ行こう」と薦めるファンの姿も見受けられます。

■「自分で潰した」という荒治療経験者も


比較的珍しくない症状ということもあり、「神経刺激されると痛いよね」「病院で注射器で抜いてもらった」など、経験者からの共感コメントも。

中には、「左手の親指で思いっきり押してごらん ぶちゅって潰れてなくなるから」「自分で潰した」という荒治療の報告も。

さらに、「名前がかっこいい」「エヴァンゲリオンみたい」という感想まで書き込まれており、応援の意味でか「いいね」も多く集まっている。

★きゃりーぱみゅぱみゅのツイッターはコチラ

・合わせて読みたい→人気YouTuberおるたな・ないとー、目元の整形を報告 相方の反応が素敵すぎる

(文/fumumu編集部・星子)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ