気持ちのままに動けない! アラサー女子ならではの恋の難しさ4つ




恋がしたいと思っても、なかなか気持ちのままに動けないのがアラサー女子。いくつかの恋愛経験を経て、恋愛がそう簡単にうまくゆくものではないと身に染みているし、今さら一から関係を築いていくのも面倒くさい、と思っているかもしれません。
今回はそんなアラサー女子ならでは感じる、恋の難しさをリサーチしてみました!

アラサー女子ならではの恋の難しさ

“この恋がもし終わったらどうしよう”今さら失敗できないプレッシャーがある

アラサーになるまでにそれなりの恋愛経験をしてきたことでしょう。でも年齢が上がるにつれ、“この人と付き合っても、うまくいくか不安”“どうせまた浮気されて、別れそう”なんて不安やモヤモヤが大きくなってきます。
学生時代や20代前半なら若さならではの勢いもありましたが、大人女子としてはそうそう迂闊に失敗できないというプレッシャーが自分自身にかかって、恋愛にも前向きになれなくなることがあります。

“この人と結婚することになるの?”将来のことを考えてしまう

アラサーの恋となると、いやでも結婚を意識せざるをえないものです。周りからも「そろそろ結婚したら? 子どもは?」なんて単刀直入に聞かれたりすることもあるでしょう。
好きという気持ちだけで突っ走れなくなるからこそ、アラサー女子の恋は悩ましいし、自分はどうしたいのかという葛藤が大きくなってきます。この人と一緒にいるだけでいいのか、それとも結婚を見据えて付き合いたいのか、悩みどころです。

ある程度自分の生活スタイルができていて、今さら誰かに合わせるのが大変

好きな人と付き合って、一緒に過ごすって幸せなことですが、でもその反面自分の今の生活ペースを乱されたくない、という思いもどこかにあるはず。
とくにアラサーにもなると、自分の生活スタイルやルーティーンができていて、彼氏とはいえ今さら他人と一緒に日常生活を共にするというのは、なかなか気を使うものなんです。デートが楽しいのは最初のあいだだけで、一緒にいると疲れるようになるなんてこともあります。

“この人が好き!”という決定打がいつも欠けて、不完全燃焼になっている



恋愛感情にもいろいろあり、“もはやこの人しか考えられない!”という情熱的なものから、“この人となら付き合ってもいいかな”という淡いものまであります。でもアラサーになると一途に誰かを思うことが難しくなるのです。それはどんな人でも欠点や短所があり、一時の情熱的な恋愛感情もやがては冷めることをわかっているから。
だから恋をしても“この人なら!”という決定打が欠けて、不完全燃焼な恋で終わることも多いのです。

まとめ

大人になり、年齢を重ねることでいろいろなことが見えてくるようになります。そして恋愛もかつてのようにスムーズに、心のおもむくままに相手を好きになれるというのが難しくなってくるかもしれません。アラサー女子ならではの恋の難しさをヒシヒシと感じつつも、でもやっぱり幸せな恋をしたいですよね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ