オリラジ藤森慎吾、中田敦彦の「顔出し引退」撤回は予想範囲内「失敗の中のただ1つ」相方として語る

モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/06】お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が5日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「顔出し引退」を撤回した相方・中田敦彦についての心境を明かした。

◆藤森慎吾、中田敦彦の撤回に「最高です」



3月に「顔出し引退」を発表しアバターとなり声だけの出演にシフトしていくことを発表し、4月5日にその「顔出し引退」発言を撤回した中田。その“前言撤回”には視聴者とともに藤森も「俺的には良かったぜ」と喜びの声を残していた。

そして、今回は「【前言撤回らしいな】藤森慎吾が中田敦彦の重大発表を見て思うこと」と題し、中田の“前言撤回”への心境を語った。

動画冒頭、藤森は「率直に言うと…めちゃめちゃ笑いました」と笑いをこらえきれない様子で告白。「馬鹿にしてるとかじゃなくて、単純に本気だから笑える」と、中田の“本気ぶり”が伝わったからこその笑いであると説明し「うちの相方最高です」と中田の一連の動きを絶賛した。

なお、藤森は中田のアバターでのYouTubeも「すごい熱心に」視聴したと明かしたが「熱量が本人がやってる時とアバターがやってる時とじゃ違う!」と顔出しでの動画とアバターでの動画の違いを語った。

◆藤森慎吾「こうなると思ってました」



続けて「これは後出しジャンケンと言われるかも知れないけど」と前置きし「ぶっちゃけ僕はこのような結論になるだろうなと思ってました」とこの“前言撤回”は藤森の予想範囲内であったと発言。

中田について「成功を生み出すすごい人って思われてるけど決してそんなことはなくて」と相方ならではの視点での人物像を明かし、今回の撤回も「失敗の中のただ1つ」と成功に至るまでの失敗の1つに過ぎないと話した。

そして「顔出しOKだったら俺がシンガポール行くは絶対あるよね」とシンガポールに移住した中田を藤森が訪れることも視野に入れていると明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ