男性「落とした『オレオ』が見つからない…」 発見までに10分かかったワケ

grape

「10分間くらい落としたオレオを探してたけどやっと見つけた」

そんなひと言とともに、Twitterに写真を投稿したのは、森田一郎(@ichiro_ingaoho)さんです。

オレオといえば、白色の甘いクリームを2枚のチョコレートクッキーで挟んだお菓子として有名ですよね。

そんなオレオを、床に落としてしまったという、森田さん。探すのに約10分を要した理由は、投稿された写真が物語っています。

森田さんが落としたオレオが、椅子のキャスターと同化しているではありませんか!

落ちたオレオが転がって、キャスター部分にもたれかかるようになっていたのでしょう。

クッキーの暗い色がキャスターの色と酷似しているのも、森田さんが10分探すことになった理由だといえますね。

投稿はまたたく間に拡散され、8万件以上の『いいね』とコメントが寄せられました。

・画像から見つけるのにもちょっと時間がかかった。

・オレオレ詐欺ならぬ、『オレオ詐欺』ですね!

・椅子の下敷きになっているのかと思い、10分くらい写真の中を探してた…。

・左側の車輪に擬態するとは、なかなかやるオレオですね。

普通の場所に落ちていたら、数秒で見つけられたであろうオレオ。

キャスター部分に収まるように落ちたのは、奇跡といえるかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典 @ichiro_ingaoho

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ