山下美月×高橋文哉「着飾らない恋」ビジュアル、川口春奈×横浜流星と同アングル


4月20日にスタートするTBS系火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜22:00~22:57)のParaviオリジナルストーリー「着飾らない恋には理由があって」が、動画配信サービス「Paravi」で独占配信される。このたび、「着飾らない恋には理由があって」のメインビジュアルが公開された。写っているのは、桜が舞い散る中で写真を撮る山下美月(乃木坂46)と彼女に寄り添う高橋文哉の2人。今月1日に公開されたばかりのドラマ本編の主演・川口春奈と横浜流星のツーショットポスターと同じアングルとなっている。

Paraviオリジナルストーリー「着飾らない恋には理由があって」は、『着飾る恋には理由があって』の“うちキュン”のウラで密かに加熱するオフィスラブを描く物語。山下が演じるのは、ドラマ本編の主人公・真柴くるみ(川口春奈)が勤務する「el Arco Iris」広報課で働く茅野七海(かやの・ななみ)。茅野は仕事への熱意ややる気はあるものの、それをオモテに出せない低温女子だ。しかし、そんな彼女の本心を見破る人物が。それは、高橋文哉演じる半人前の後輩・秋葉亮(あきば・りょう)。秋葉は茅野に思いを寄せていて、2人は次第に接近していく。自分に自信がない茅野が、仕事に、恋に、情熱を取り戻していく“じゅわキュン”ラブストーリーとなっている。

Paraviオリジナルストーリーに、本編のキャストも出演。「el Arco Iris」広報課・課長の松下宏太郎(まつした・こうたろう)を演じる飯尾和樹(ずん)のレギュラー出演が決定した。飯尾が演じる松下は、後輩社員からもツッコまれる“天然なおっとり上司”。茅野らとのやり取りなど、ドラマ本編では描ききれない広報課のシーンは必見だ。さらに、各話にゲストとして、本編レギュラー陣も続々と出演予定。「el Arco Iris」のキャラクターたちのここでしか見られない一面が楽しめる。

さらに、Paraviオリジナルストーリーにしか登場しないキャラクターも決定。茅野の彼氏・田神兼史(たがみ・けんじ)を演じるのは、佐伯大地。ミュージカル『刀剣乱舞』の岩融(いわとおし)役で知られ、2019年7月期の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』では、ラグビーの強豪チームのエース・富野賢作役を熱演。舞台から映像まで多くのジャンルで活躍する注目の俳優だ。交際4年目の彼氏・田神と、茅野を一途に想う後輩・秋葉との間で揺れ動く茅野・・・。その心情の変化にも注目だ。

「着飾らない恋には理由があって」の配信決定を記念して、山下美月と高橋文哉の「じゅわキュン ツーショット対談」が実現。4月6日よりParaviで配信開始される。対談では、2人への様々な質問が入った“ガチャガチャ”を使い、Q&Aトークを展開。さらにお互いへの質問や新井順子プロデューサーからの質問などにも答え、2人の新たな一面や、ドラマに対する思いも知ることができる。TBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」でも対談のショートバージョンを公開する。

「着飾らない恋には理由があって」は、『着飾る恋には理由があって』初回放送終了後に独占配信開始予定。

(C)TBS

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ