篠原涼子、母親役を演じる心得は「私も実際に息子がいますが…」


女優の篠原涼子が、6日から全国で放送される明治「明治ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン 乳素材だけ/無添加」の新CM「乳素材だけ/無添加 新登場」編、「隠れワザ」編で母親役を演じることが分かった。

今回篠原が演じるのは、家族に料理を褒められ「イェイッ!」と元気な笑顔を見せる明るい母親。娘と一緒にホットケーキを作る微笑ましいシーンも見どころだ。

撮影では、テンポが重要なセリフもリズミカルにこなし、少ないテイクでバッチリ決める篠原にスタジオから歓声が。家族役を演じたキャストたちが食卓を囲んで談笑する姿も見られ、CMは、本当の家族のように仲の良い雰囲気が感じられる仕上がりになっている。

篠原は、“母親役”の役作りについて「私も母親で実際に息子がいますけど、その経験をちょっとでもスパイスとして取り入れられたらと思って演じることもありますし、全くそれを取り入れないで、自分で想像力をかき立てて、イメージを膨らませてやることもあります」と2つのパターンがあることを明かす。

また、日頃の料理で大事にしていることは、まず「おいしい料理を作りたい」という気持ちだといい、次に「健康的なものや栄養を意識して作っています。調味料などは、脂質が多くないものを選んでます」と語った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ