「飼い主の手がやばい…!」 ハンドマッサージ中の飼い主、そこに猫がやって来て?

grape

動物病院で保護された子猫を引き取ったAKR(@bou128)さん。

子猫を、ろんと名付け、暮らし始めて知った予想外な出来事を『ろんの絵日記』として描いています。

ろんの絵日記

ある日、AKRさんが手の疲れをとるため、ハンドマッサージャーを使っていた時のことです。そこに、ろんちゃんがやって来て…。







「ブブブ…」と音をたてるハンドマッサージャーに、ろんちゃんはビックリ!

きっと「飼い主の手が、怪しい物体に飲み込まれている…」と心配してくれているのでしょう。

ろんちゃんは、前脚でハンドマッサージャーをツンツンしてみたり、AKRさんの顔色をうかがったりしています…!

怖がりながらも、AKRさんのことを見守るろんちゃん。健気な姿に、多くの人が癒されました。

・私もこんな風に猫ちゃんに心配されたい…。

・「手が食べられてる!」って思ったのかも。

・や、優しい!飼い主さんへの愛を感じる。

普段は気まぐれでクールな猫が、時たま見せる、飼い主への愛を感じる行動。

こういったところが、猫好きな人の「これだから猫はたまらない」と思う理由なのでしょう!

『ろんの絵日記』単行本が発売中

AKRさんとろんちゃんの日常がぎゅっと詰まった単行本『黒猫ろんと暮らしたら』の第1~2巻が発売中です。

Twitterやブログに掲載された作品だけでなく、描きおろしやろんちゃんの写真も収録!気になる人はチェックしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @bou128

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ