夏目三久が「大恩人」有吉弘行に一方的にホレて…“電撃婚”までの仰天内幕

アサ芸プラス


「これを狐につままれたような気分というのか」

これはお笑い芸人の有吉弘行(46)が16年8月に発信したツイートだが、これまでの経緯を知るマスコミ関係者は今、同様の心境かもしれない。

有吉弘行とフリーアナウンサーの夏目三久(36)が結婚したことを発表したのは4月2日夕方のことだった。2人は所属事務所を通じてマスコミ各社にファックスを送付。4月1日に婚姻届を提出したことを報告した。

翌3日のスポーツ各紙はこの慶事を大々的に報じ、「日刊スポーツ」と「スポーツ報知」は終面に、「スポーツニッポン」も芸能面にデカデカと結婚記事を掲載。そんな祝福ムードの一方で、ワイドショースタッフはこんな内幕を暴露する。

「大物カップルのゴールインは情報番組でトップに取り上げたかったのですが、テレビの場合は所属事務所に映像の使用許可を得なければいけません。結婚発表から一夜明けても、夏目サイドからなかなかGOサインが出なかったので、新聞の紙面を読み上げる程度しかできなかったのです」

有吉と夏目の出会いは11年に放送されたトークバラエティ「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)。この初共演をきっかけに、10年愛を実らせた形だが、有吉はどうやって夏目の心を射止めたのか。

「夏目が一方的にホレたというのが定説です。何しろ有吉は大恩人ですから」(スポーツ紙記者)

前述した「怒り新党」がスタートした11年、夏目は失意のドン底にいた。07年に日本テレビに入社した夏目アナ。その2年後、ベッドで“妊娠を避けるグッズ”を持った写真が週刊誌「FLASH」に掲載されたのだ。

「局の幹部の逆鱗に触れて担当番組を降ろされ、退社を余儀なくされました。11年1月にフリーとなり、再起をかけたのが『怒り新党』。その放送で有吉が『ミソギをしないと』と、あえて“グッズ事件”をイジって、夏目のトラウマを笑いに変えてみせた。それ以来、夏目の顔つきも明るくなり、テレビの仕事も増えていったんです」(前出・スポーツ紙記者)

14年には「あさチャン!」(TBS系)の司会に抜擢された夏目。その頃にはすでに有吉にゾッコンだったようで、

「有吉は都心の高級マンションに住んでいたのですが、夏目がその隣のマンションに引っ越したんです。人目につかずに互いのマンションを行き来できる作りになっていて、ひっそりと愛を育んでいたのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

4月6日発売の「週刊アサヒ芸能」4月15日号では、電撃婚にいたるまでの通い愛や有吉の知られざる夜のプライベートに迫っている。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ