マツコ、有吉弘行の健康的な生活うらやむ「もう夜はいい」

 

4月2日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、夜型人間であるマツコ・デラックスが、有吉弘行のあまりにも健康的な生活に羨望の眼差しを向け、ついには自らも不健康な生活を脱しようとある行動をとったことを明かした。

 

有吉「何時に寝ても朝6時には目が覚めちゃう」

視聴者メールにて「喫茶店のモーニング、定食屋の朝定食。朝食メニューってやたらと魅力的に感じませんか?」というものが紹介される。これに有吉は深く頷き「ホテルの朝食のビュッフェなんか、前日の夜からワクワクしちゃうもんね。寝ててもすぐ目が覚めちゃうもん」と話す。

 

一方マツコは「行きたいんだけど、起きられないのよ」と残念がり、有吉に「健康的ね」と問いかける。すると有吉は「この前、24km歩いちゃったね、ハーフマラソンいっちゃったよ」と話し、マツコは目を見開いて驚き「どこに着くのよ!24kmも歩いたら」と呆れながらツッコんだ。

 

さらに有吉は朝に関して「年のせいかもしれないけど、最近ちょっとでも多く寝てたいなってのが無くなったね。何時に寝ても朝6時くらいには目覚めちゃうから。朝のリズムが出来てるんだろうね」と話し、マツコはうらやましそうな目線を有吉に向ける。「アタシなんか、いつも朝5時6時くらいに寝て、午前10時くらいには起きるの。憧れなのよ、朝を感じるのが。朝のすがすがしさを何年も体験してないから。もう夜はいい」と吐き捨て、有吉も苦笑いを浮かべた。

 

するとマツコは「普段の生活もそうだけど、ギックリ腰をやったり、肘を痛めたりして、さすがに神様に『お前いいかげんにしろ』って言われてる気がするので、スポーツジムに行くことに決めました」と、正式にジムに入会したことを報告し、皆を驚かせる。

 

「ちょっとストレッチしたり、マシンを使ったり、室内で有酸素運動ぐらいは週に1、2回しようと思ったの」と話すマツコに有吉は「まずは(相撲の基本的稽古である)股割りからやるの?」とボケてみせ、マツコは「あるならそのジムに行くよ!」と言い返していた。

※トップ画像は、『マツコ&有吉 かりそめ天国』公式サイトのスクリーンショット

 

(めるも編集部)

 

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ