大原優乃、役作りで5キロ減量 女優業もグラビアも“求められている自分”に向かって努力


●女優業とグラビアの相乗効果を実感「すごく感謝」
女優・グラビアアイドルとして活躍している大原優乃(21)。社会現象になったテレビアニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマを担当したDream5でダンサーを務め、解散後にソロ活動にシフトした大原は、年間30誌以上の表紙オファーが殺到するグラビアアイドルとしてブレイクする一方、日本テレビ系ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019)などの映像作品にも恵まれ、女優としても注目を集めている。そんな大原にインタビューし、女優業とグラビアの両立や、それぞれの仕事にあわせた体作りについて話を聞いた。

女優とグラビアの仕事を両立させることは、互いにいい影響を及ぼし合っているという。「先日、グラビアの撮影があり、グラビアデビューした当時から何年も撮ってくださっているカメラマンさんが『初めて鳥肌が立った』と言ってくださったんです。それは表現する側の人間としてうれしかったですし、お芝居の経験が生きているなと実感した瞬間でもありました。ふとした瞬間に何回も鳥肌が立っていて、私も鳥肌が立ちそうでした(笑)」。

グラビアでは「あまり表現しようと意識せず、その時求めてくださっているものをナチュラルに出せたら」との思いで撮影に挑んでいる大原。女優として培った表現力が自然とにじみ出て、カメラマンの鳥肌につながったのだろう。大原はまた、グラビア撮影について「みなさんが飽きないようなグラビアの写真を残したいと思っているので、細い雰囲気や所作などに気をつけながら撮影しています」とも話した。

グラビアでの経験が女優業にもプラスに働いている。特撮ドラマ『ガールガンレディ』(MBS/TBSドラマイズム枠にて4月6日スタート)では、露出度が高い衣装で、命が吹き込まれたプラモデルの役を演じたが、「この役をいただけたのもグラビアとしての大原優乃というイメージがあったからこそだと思うので、すごく感謝していますし、だからこそ自分にできることを冷静に考えて、役と向き合うことができたと思います」と謙虚に受け止めている。

同ドラマ出演のきっかけは、2019年に放送されたドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/TBSドラマイズム枠)への出演だった。彼女の芝居を見て、同放送枠の『ガールガンレディ』で再び大原に声がかかった。「そういったご縁で作品に参加できるのは、お仕事をしている上で一番の幸せや喜びを感じる瞬間です。そういう再会が今後もたくさんあるように、一つ一つの仕事に向き合って成長できたらいいなということが、大きなモチベーションになっています」と仕事への思いを明かす。

●初めて役作りでダイエット「容姿から入ると演じやすい」

演じたアリスは、命を吹き込まれ人間のように動くプラモデルのコマンダー(司令塔)という一風変わった役柄だ。セクシーな衣装に抵抗を感じるどころか、むしろ非日常的なキャラクターゆえの課題に前向きに取り組んだ。「私たちコマンダーだけが出てくる作品ではなく、普通の日常を送る女子高生も出てくる作品だったので、あまり目立ってもいけないのですが、コマンダーというキャラクターを殺してしまうのももったいないと思ったので、その絶妙な存在の仕方は監督と相談してやらせてもらいました」。

アリスは、サバイバルゲームに参加したプレイヤーの死に涙するなど、人間味あふれる性格。この役は監督との話し合いだけでなく、共演者との化学反応によっても作られたそうで、「アリスを演じる上での迷いはあったのですが、チームのみんなと最初の撮影をした時、みんなの姿を見てアリスのイメージが強く浮かびました。言葉にするのは難しいのですが、みんなが私の話を聞いてくれる姿勢や、私が発する言葉を受けてくれる空気感が重なり、アリスのキャラクターは生まれたと思っています」と明かす。

アリス役の衣装が似合うようにダイエットにも取り組んだ。FODオリジナルドラマ『時をかけるバンド』で体重を増やしたことはあったが、役作りでダイエットしたのは今回が初めて。「クランクインの2カ月前から何度も何度も衣装合わせをやらせていただいていたのですが、最初に衣装を着た時に、肩回りや腰回りが大きく見える装備だったので、肩幅が広く見えてしまう点がすごく気になりました。『私が今まで見てきたプラモデルはこんなんじゃない!』と思って(笑)。スラっとしたイメージがあるプラモデルにできるだけ近づきたくて、トレーニングをしたり、食事制限をしたりして、2カ月間で5キロくらい落としました」。

身長154cmの大原にとって5キロはかなりの減量だが、体重の増減は「どっちも苦じゃない」とのこと。「お芝居をする時に容姿から入れることは、演じるうえで大きな要素になっていて、そういう変動があったほうが私は演じやすい。入り込みやすいんです」とあっけらかんと語る。

一方、グラビア撮影がある時は、それに向けてボディメイクする。「痩せるというよりは、締めるという感じです。痩せすぎてもファンの方が求めてくださるような姿ではないと思うので、体重はあまり変えずに腹筋のラインを出すように調整します。また、鎖骨をいっぱい出すために肩回りのトレーニングやヒップアップなど、細かいところだけを意識してやっています」。

●“なりたい自分”ではなく“求められている自分”に

“なりたい自分”と“求められている自分”との間で、葛藤もあるという。「おしゃれをしたい年頃ではあるのでファッション的な部分に憧れがあるのですが、それは今じゃないって思うんです。いろいろな雑誌に出させていただいたり、番組で取り上げていただいたり、ネットニュースになったり、そういう機会に聞こえてくる反響を自分で体感して、これが正解かな、もっとこうしたほうがいいかなとか、参考にさせてもらっています」。

つまり、リサーチをして、求められている大原優乃を自分で作り上げているのだ。本音を言うと、『ガールガンレディ』での役作りのように、運動して痩せることが理想に近い。

「もともとダンサーなのでトレーニングが大好きで。心の健康にもつながっているんですよね。私は内向的ですが、トレーニングをしている時はいいホルモンが出ているから、すごくポジティブになれて自分にも合っているんです。なので25歳くらいになったら方向性を変えていきたいと思っていますが、今は求めてもらっているものに応えていきたいと思っています」。

女優業もグラビアの仕事も、高いプロ意識をもって一つ一つ丁寧に向き合っている大原。最後に今後の目標を尋ねると、女優としては「今はいろんな作品、いろんな役に出会って行けるように頑張っているところなのですが、自分に自信がないような内向的な役が多いので、アクションだったりコメディだったり、もっといろいろな幅の役をやっていきたい」と幅広い役に意欲を示し、また、「グラビアも求めていただける限りは恩返ししたいという思いがあるので、常に自分がやりたいことではなく、求めてくださっていることに応えていくという気持ちでやっていきたいです」とグラビアへの思いも語った。

『ガールガンレディ』は、MBS/TBSドラマイズム枠にて4月6日スタート(MBS:毎週火曜24:59~、TBS:毎週火曜25:28~ ※初回のみ25:30~)。TVer、MBS動画イズム、GYAOにて見逃し配信。

■大原優乃
1999年10月8日生まれ。鹿児島県出身。2009年11月、Dream5のメンバーとして「I don‘t obey~僕らのプライド~」でCDデビューを果たす。2014年に『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ「ようかい体操第一」を担当し大ヒット。同年、『NHK紅白歌合戦』にも出場する。Dream5活動終了後はモデルとしての活動を始め、2017年に『週刊プレイボーイ』でグラビアデビューするとブレイク。また、2019年には実写映画版『お前ら全員めんどくさい!』で映画デビューを果たすなど、女優としても活動している。

(C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ