マライア・キャリー、新型コロナのワクチン接種を受ける様子を投稿

Billboard JAPAN



現地時間2021年4月3日、マライア・キャリーが1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける動画を自身のSNSへ投稿した。

映像には、黒いサングラスとマスクをしたマライアが、病院の診察室と思われる場所でワクチン接種について「楽しみだけど、少しナーバス」と説明する姿が捉えられている。彼女は、「ニューヨークで、(双子の息子と娘)モロッカンとモンローと一緒に手を洗い、人々に本当に安全でいるように呼びかけた、あの最初の投稿から遂にここまできました。私たちはまだこの戦いの途中です」と述べると、「見て、彼も見守ってくれています」とスタッフが着ていたプリンスの『パープル・レイン』のTシャツを指差している。

ワクチン注射の用意ができると、マライアは腰に手を当てポーズするが、リラックスするよう看護師に言われると「撮影しているから、ついつい撮影用ポーズになっちゃう」とコメントしている。

実際に注射を打たれるとマライアは高音で叫んでおり、キャプションにて「ワクチンの副作用:G6」とボーカルの音域で表現している。そして「最善の結果を期待して、みんなにも(接種ができるようになったら)するよう奨励するためにここにきました」と話すと、「前にも言いましたが、みんなで一緒に乗り越えましょう。とっても愛しています」とウィンクしながら動画を締めくくっている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ