坂口健太郎、ハードなアクションを披露 伊原剛志も「ギャップ萌えした」と絶賛

テレビファン


 『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』初日舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、奈緒、伊原剛志と橋本一監督が登壇した。

本作は、2018年に放送された連続ドラマをオリジナルストーリーで映画化。現在を生きる刑事の三枝(坂口)が、過去を生きる熱血刑事の大山(北村)と、つながるはずのない無線機を通して協力し合い、未解決事件を解き明かしていく。

主演の坂口は、無事に初日を迎え「長い間、三枝という役をやらせていただいた。こんなに長期間携わることはなかなかない。僕にとってもエネルギー、熱量を注いできた特別な作品なので、こういう時代の中ですが、公開できてすごくうれしいです」と感無量の面持ちであいさつした。

一方、ドラマ版では走るシーンが多かったという北村は「あの走り方はわざとですから。『あんな走り方するんですか?』とよく言われる。本当はもっとちゃんと走れるんです」と観客に訴え、笑いを誘った。

アクションも大きな見どころの本作。「今だから言えること」というトークテーマでは、坂口が監督のハードな演出について「ワイヤーを使って吊られるシーンがあるのですが『いつまで撮るんだろう。くっそー』と思ったときはありましたね。ハーネスが痛くて痛くて…」と苦笑交じりに告白。それでも「映画を見たらカッコよく映っていた。肩は痛かったけど、監督がちゃんと粘ってくれたからいい絵が撮れた」と感謝を述べた。

劇場版からの参加となった伊原は「試写を見て、坂口くんはこんなにアクションができるんだとびっくりした。普段はフワ~ッ、ポワ~ッとした感じなのに。キレッキレで僕の中ですごくギャップ萌えでした」と明かし、笑わせた。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ