広瀬すず「ベッドに入った瞬間から…」“日本一”の特技明かす


女優の広瀬すずが、15日より全国で放送される味の素冷凍食品の新CM「『ギョーザ』いいんじゃない」編に出演することが5日、分かった。

本CMでは広瀬が母役の堀内敬子とキッチンで真剣にギョーザを焼き、「いいんじゃない?」と自信満々に聞かれ、「いいんじゃない!」と納得。食卓では、パクリと食べて幸せそうな表情を浮かべる。弟があまりのおいしさに「日本一じゃね?」と漏らすと、広瀬と堀内は「いいんじゃない!」と声を揃える。

また、5日から味の素YouTube公式チャンネルで公開されるWEBムービーでは、広瀬が初めて1人で餃子を焼く姿が。ギョーザをフライパンに並べ、ワクワクしながらひっくり返したり、焼き上がりに大満足する広瀬の様子をおさめた。

CMの台詞にちなみ、最近「いいんじゃない?」と感じたことを聞かれた広瀬は、「洋服を断捨離しながらクローゼットを整理したこと」を挙げる。「(畳む収納をやめて)お洋服を色や種類に分けて全部ラックに収納しました」と話すと、堀内は「(服が)全部見えるの!?」と驚き。「パンツ、スカート、白Tシャツ、黒Tシャツ、柄のTシャツ、全部出ています。衣替えの必要もなくなりました。お洋服大好きなので、着替えを選ぶ時に、すごく楽しい! 鏡まで買っちゃいました」と広瀬はテンション高く解説。

また、「これに関しては私が日本一!」と自慢できる特技について「最近、ドラマの撮影もあって、ベッドに入った瞬間から記憶がほぼ毎日なくて……。『いつベッドに入ったっけ!?』となっていて、『横になった瞬間から寝るまでのスピード』に関しては尋常じゃなく、自分でもびっくりするくらい早いので、ここ数週間は私が日本一なんじゃないかなって思ってます」と、多忙なスケジュールを感じさせるエピソードを披露した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ