ANAグループ社員、きょう報道キャスターデビュー 『zero』で選考から密着


ANAグループの社員が、CS放送・日テレNEWS24に、きょう5日12時からの放送でキャスターとしてデビューする。

東京・汐留に本社を置く近隣企業である両社の共同プロジェクトで実現したこの取り組み。5人が3月に数回にわたるキャスター研修を重ねてこの日を迎え、各曜日のレギュラーとして1人ずつ出演が始まる。

担当するのは、新型コロナ関連情報をまとめて伝える約10分間のコーナー。生放送で8本前後のニュースを伝え続けるという、責任ある役割だ。

また、5日夜の『news zero』(23:00~)では、5人の新キャスターの選考・研修・デビューまでを追った密着ドキュメントを放送。

日本テレビは「ニュースの視聴者だった5人が、いまは立場が完全に逆転し、ニュースの伝え手になるべく全身全霊で取り組んでいます。5人は普段、空港や機内でのアナウンスを業務のひとつにしています。しかし、ニュースを伝える仕事は、まったく異次元のものでした。日テレアナウンサーによる研修を通じ、情報を伝えるとはどういうことなのかを一から学び、考え、自身の課題と向き合っています。自主トレのため汐留の日テレに通う日々。加えて、自宅近くの河川敷に出向きボイストレーニングに励む人、家族が運転するマイカーの中で発声訓練をする人も。コツコツ重ねた努力は実を結びつつあり、日テレのベテランアナウンサーが舌を巻く上達ぶりを見せています。コロナ禍でもご縁があってつながり、私たちは新チームとなりました。社会人として第2のデビューともいえる5人の挑戦は間もなくスタートを切ります。その瞬間を目撃できることにワクワクしつつ、しっかり伴走を務めてまいります」とコメントしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ