「おなかの友達」を自称する埼玉の中華料理店 クセが強めなメニューが激ウマ

しらべぇ


埼玉・春日部市に少々クセが強めな「デカ盛り」メニューを提供する中華料理屋が存在する。その名も「おなかの友達 萬来」、店名も特徴的なのだ。

画像をもっと見る

■永遠のスタミナ丼とは…




東武アーバンパークライン・春日部駅から徒歩3分の場所にある同店。近くには飲食店が立ち並んでおり、人通りが多いエリアに位置している。



ランチタイムでにぎわう店内、メニュー表の一番目立つところに「永遠の超スタミナ丼 中盛」(税抜600円)を発見。

どの辺が「永遠」なのかさっぱり分からなかったので、従業員に商品名の意味を質問してみると、「正直分かりません。上の者がつけたみたいで…」との回答。謎が深まるばかりだ…。

関連記事:すたみな太郎、コスパ最強の牛丼を販売 吉野家と比較して分かった圧倒的ボリューム

■どんぶりの大きさに驚き




そこで、「永遠の超スタミナ丼」の大盛り(税抜750円)と「特製餃子」(税抜280円)を注文。餃子もかなりのデカさであった。



底が深いどんぶりにぎっしりつめられたご飯。その上にはこぼれ落ちそうになるほどたっぷり盛り付けられた豚バラ肉、間近で見るとそのボリュームの凄さが分かることだろう。



セット的に付いてくる生卵をど真ん中にのせるとこの丼は完全体に進化。絶対に美味しいやつだろコレ、ということで早速実食だ。

■濃厚なソースとご飯の相性は抜群




醤油ベースの濃厚なソースと豚バラ肉の相性は抜群でご飯が進む。一口食べて感じたことは、メニューの見た目も味も「伝説のすた丼屋」と少し似ており、とにかくクセになる味なのだ。



すた丼との大きな違いは、マヨネーズが無料でかけ放題になっていること(すた丼はプラス30円)。これで思う存分カロリーをつぎ足せる。



マヨネーズが入ることでまろやかさと酸味がプラスされて、より濃厚な味に変化。また、玉子が絡み合うとさらに味の深みが生まれ、あまりのウマさに衝撃を受けてしまった。



一口で食べられないほど大きい「特製餃子」は、にんにくがたっぷりとつまっており、ビールと一緒に流し込みたくなる一品。サイドメニューにおすすめである。

■中毒性がある味でリピート間違いなし




半分ほど食べたところで追いマヨネーズで不足分(?)のカロリーを注入し、スタミナ満点の餃子と一緒にご飯を流し込む。この瞬間がたまらなく最高なのだ。



食のスイッチが入った記者はガツガツと食べ進めて、あっという間に完食。中毒性があり、お腹に寄り添ってくれる味であった。

値段も安く、味も最高。かなりオススメなので、気になる人は一度店舗に足を運んでみてはいかがだろうか。

【おなかの友達 萬来】

住所:埼玉県春日部市中央1-8-9

・合わせて読みたい→かつやの全力を体感したか? 「全力1キロから揚げ」を一気に食べて分かったこと

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ