マックのドライブスルーで後ろから急かされた男性、驚きの復讐に「スカッとした」の声(南ア)

車から降りずに注文から受け取りまでを完了できるドライブスルーは、接触機会が少なくて済むことからさらに需要が高まっている。このほど南アフリカ在住の男性がマクドナルドのドライブスルーで遭遇した無礼な女性客とのやり取りを公開した。この男性の秀逸な復讐劇に「スカッとした!」と称賛の声が相次いでいる。『Bored Panda』『Mirror』などが伝えた。

南アフリカの西ケープ州ケープタウン在住のネリー・ゼザ二さん(Nelly Zenani)が3月4日、マクドナルドのドライブスルーで出会った迷惑な女性客について自身のFacebookに綴った内容が話題を呼んでいる。

この日の朝、ドライブスルーの注文窓口で商品を選んでいたネリーさんは、すぐ後ろに並ぶ車にいた女性から「選ぶのに時間をかけすぎ!」と中指を立てられ、大声で罵声を浴びせられた。必要以上に他者を急かし、あまりに無礼な言動に怒りを覚えたネリーさんは、ここである復讐方法を思いついた。

支払い用窓口へと車を進めたネリーさんは、後ろの車の女性が注文を終えるまで待ち、会計担当の女性に2台分の商品支払いを申し出た。なんとネリーさんはこの無礼な女性客の商品代まで支払ったのである。

数分前まで悪態をついていた相手に親切を施されてしまった女性は「お会計は先ほどの男性がお済です」と告げられて、おそらく気まずい思いをしたに違いない。

当時の女性の様子を、ネリーさんはこのように明かしている。

「(商品受け取り用の)次の窓口に進んだ僕に、店員から『もうお支払いされていますよ』と告げられた女性は車の窓から身を乗り出し、変なものでも見るかのような表情を向けていたよ。」

「おそらく自分の行動を恥ずかしく感じたんだろうね。バックミラー越しに僕と目線が合わないように避けていたから。」

予想外の行動をされて戸惑いを隠せない女性だったが、ネリーさんの真の復讐はここからが本番であった。

商品の受け取り窓口へと進んだネリーさんは、その復讐についてこう綴っている。

「商品受け取りの最後の窓口へと進んだ僕は、店員に(ネリーさんと女性の)両方のレシートを提示して、彼女の分の商品まで受け取ったんだ!」

「『僕が支払ったんだから、僕のモノさ!』ってね。これで彼女はもう一度列に並びなおして、さらに長い間待たねばならないってわけだ。今日のことが良い教訓になったはずさ。」

この女性は注文を急いた挙句、よけいな遠回りをすることになってしまったようだ。

ネリーさんのこのたびの投稿は23万件以上もシェアされ、ユーザーからはこのようなコメントが届いている。

「本当にスカッとしたよ!」

「こんな終わり方は全く予想もしていなかったわ(大笑いの絵文字)」

「なんで僕にこんなことを教えたのさ! やってみたくて仕方がないじゃないか」

「もし僕に同じことが起こったときには、この方法を試してみるよ」

「ちょっと器量が狭すぎない? こんなことしなくても」

「私も同じような体験をしたわ! 私の場合、窓を開けて爆音の音楽で注文を邪魔してやったの!」

画像は『Nelly Zenani 2021年3月4日付Facebook「So I was in the McDonald’s drive-through this morning and the lady behind me continuously hooted at me and flipped me off because I was taking to long to order.」』『Mirror 2021年3月27日付「McDonald’s customer takes genius ‘petty’ revenge on impatient woman at drive-thru」(Image: PA)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ