うちの子って天使かも!我が子のほっこりエピソードVol.2

恋愛jp


小さな子どもの行動って本当に可愛いですよね。
「親バカ?」と思われても、やっぱりうちの子って天使みたいに可愛いと思うことはありませんか?

今回は、我が子のほっこりエピソードVol.2をお届けします。

(1)スーパーで「ママの大好きな半額があるよ~」


半額シールが貼ってあると「ラッキー!」と嬉しそうにカゴに入れる様子を見て育った息子。
ある日、お惣菜売り場で「ママの好きな半額だよ~」と大声を出され、思わず赤面。

いつも嬉しそうにゲットしていたため、大好きだと思われてみたいです……。

(2)可愛い言い間違い


小さな子どもには覚えにくい言葉もあるみたいで、言い間違いも多いですよね。
たとえばエレベーターは何度教えても「エベレーター」になってしまったり……。

アンパンマンを「パックン」と呼んで応援する我が子にほっこり気分。
可愛い言い間違いは自然に直っていくので、ビデオに録画して残しておきたいですね。

(3)「美味しかったです!」


外食をしたときは、毎回レジで「美味しかったです!」を言う我が子。
お店の人の笑顔を見ると、親としてもほっこりした気分になりますね。

「また来てね」と言ってくれたお店には、律儀にまた行きたがります。

(4)好きな食べ物は「ごはん」


幼稚園で一人ずつ好きな食べ物を聞かれたとき、みんな「ハンバーグ」など子どもが好きなメニューを答えているのに、「ごはん」と答えたうちの子。
唐揚げやエビフライなど、好きな食べ物はたくさんあるのに、私がよほど料理下手みたいで恥ずかしい……。

でも息子は本当に白ご飯が好きで、おかずが足りなくなってもご飯をパクパク食べるんです。
いっぱい食べてすくすく育ってほしいな!

子どもの行動は、ちょっぴり恥ずかしいこともあるけれど、やっぱり可愛いですね。
パパやママの元気の源となってくれる子どものほっこりエピソード。

ずっと忘れずにいたいですね。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ