『北の国から』追悼特番にあいみょん「心が温まるどころか溶けます」 フィフィは実感「いい作品がいっぱい眠っている」

3月24日に88歳で亡くなった俳優の田中邦衛さんを追悼して、『北の国から』シリーズより『北の国から’87初恋』が4月3日にフジテレビ系で放送された。シンガーソングライターのあいみょんが放送作家の宇野コーへーさんやお笑い芸人・遠山大輔(グランジ)とTwitterで『北の国から』についてやりとりすれば、一方ではコメンテーターとして活躍するタレントのフィフィも『北の国から’87初恋』を見て思うところがあったようだ。

田中邦衛さんは1961年に始まった映画『若大将』シリーズで、加山雄三演じる主人公「若大将」のライバル「青大将」役として活躍した。さらに1981年からフジテレビ系で放送されたドラマシリーズ『北の国から』では東京から北海道に移住してきた主人公・黒板五郎役を務めた。ドラマスペシャルを含めると2002年まで21年にわたり北海道で家族とともに成長する姿を演じ、五郎と田中さんのイメージが被るほどのハマり役となった。

あいみょんは3月22日にインスタグラムで「黒板」と刺繍されたニット帽を被った横顔を投稿しており、「北の国からの帽子みたい!」、「五郎さん帽子かわいい じゅーん!! ほたるーー!!」、「五郎さん 子供がまだ食ってる途中でしょうがっ 大好きです」とフォロワーの反響を呼んだばかりだった。

『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)やラジオ番組『WANIMAのラジオ』(JFNC・JFN系)などを手掛ける放送作家の宇野コーへーさんが4月3日、Twitterで「局についたところ僕がいつも座っている場所がこんな風になってました」とツイートして、田中邦衛さんの訃報を報じた複数のスポーツ紙が並ぶ画像を投稿した。それに対してグランジ遠山やあいみょんがコメントを寄せてやりとりしている。

あいみょんは宇野コーへーさんが投稿したスポーツ紙の画像を見てじっとしていられなかったようで「コンビニ行ってきます」とコメントしたところ、宇野さんが「もしもの為にコピーとっとくさかいに」と気遣っていた。また北海道出身ながら『北の国から』をあまり見たことがないというグランジ遠山にあいみょんが「遠山さん、まじ、是非、観てください」と呼びかけたところ、帰宅した遠山がちょうど放送されていた『北の国から’87初恋』をわずかながら見ることができ「しっかり涙溢れました 改めてちゃんと観ます」と返信。あいみょんが「ぜしっっ 初恋さいこうですよね…。心が温まるどころか溶けます」と熱く共感していた。

追悼特番『北の国から’87初恋』を見て、改めて感動した人は多いようだ。エジプト出身のタレント・フィフィはTwitterで「#北の国から」のタグとともに「日本のテレビ局には、いい作品がいっぱい眠っているんだから、有料チャンネルなんかで出し惜しみせず、昔の名作ドラマやアニメをずっと再放送をしたらいいのに。その方がよっぽど日本にとっていい」とツイートしたところ、フォロワーから『北の国から』について「純君と同世代。何回みても感動しました。観る自分の歳によって感動が違うなあ」、「すれ違いの中で、それぞれが成長していく物語に、やはり心が温かくなる名作だと思いました。中学生の我が子も楽しみながら、真剣に見ていました」などの声が寄せられている。

ちなみにフィフィが「日本のテレビ局には、いい作品がいっぱい眠っているんだから…」と指摘したことで、「私もそう思います。久しぶりにドリフターズを見て笑ってました 昔のドラマやアニメの再放送望みます」、「カルピス劇場も再放送して欲しいなぁ」、「同感。アメリカは昔の番組を何度も再放送してて、週末とか一日中やってたりします」といったコメントも見受けられた。

画像は『aimyon 2021年3月22日付Instagram』『フジテレビ 2021年4月3日付Twitter「このあと夜9時~放送」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ