『AKIRA』登場の東京五輪“開会式案”に賛否「これが良かった」「クソ寒い」

まいじつ


(C)Remark_Anna / Shutterstock 

3月31日に『文春オンライン』が、ゴタゴタ続きの〝東京五輪開会式〟周辺の続報記事を配信した。そこでMIKIKO氏の開会式プランが明らかとなり、ネット上から賛否の声が寄せられている。

ご存じの通り、東京五輪開会式は派閥争いや不適切表現などでバタついている。MIKIKO氏は、〝オリンピッグ騒動〟で辞任した佐々木宏氏の前任者。『文春オンライン』は、「MIKIKOチーム開会式案」を一部画像つきで紹介した。

開会式の導入は、国内外から絶大な支持を得ている漫画『AKIRA』の主人公・金田正太郎が乗っている赤いバイクが駆け抜ける…というもの。その後、会場にプロジェクションマッピングを用いて、「AKIRA」の作者である大友克洋氏が描き下ろした『2020年のネオ東京』を映し出す。

また三浦大知や菅原小春ら、世界に名立たるダンサーが登場し、1964年の東京大会を映像で振り返ったのち、渡辺直美が「READY?」と合図を送る。各種競技の紹介は、『スーパーマリオ』などのキャラクターCGが盛り上げていく…といった案が構想されていたようだ。

『AKIRA』は東京五輪“中止”のシンボル?


「AKIRA」や「マリオ」を起用した「MIKIKOチーム開会式案」に対して、ネット上では、

《これが良かったな。見れなくて残念》
《AKIRAの演出とか最高やん。めちゃくちゃ見たかった》
《AKIRAの五輪開催してたらバージョンか。ほんと見たかったね》
《ざっと資料見た感じでも良さそうなのに》

などと絶賛の声が続出している。その一方で、「MIKIKOチーム開会式案」がボツになってよかったという人も。

《ホントにこんなクソ寒い演出がボツになって良かった。コミケじゃないんだから。コスプレ集団で開会式とかやめてよ》
《縁起が悪すぎる。東京壊滅するぞ》
《AKIRAかっこいいけど、そんなに世界的なの? 三浦大知って世界でそんなに有名なの?ってのが疑問かな》
《AKIRAなんて30年前の作品やって喜ぶのはオッサンかオタクだけやろ》

など否定的な声も見受けられた。

ちなみに「AKIRA」の世界では、最終的にメガロポリス=ネオ東京が壊滅。そのためか、どちらかというと「東京五輪」中止の象徴といったイメージの方が強い…などの声も。果たして、開会式ではどのような演出がされるのだろうか…。

【画像】

Remark_Anna / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ