フジテレビ“コネ入社”疑惑に反応冷ややか…元『HKT48』採用の裏事情とは

まいじつ


(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

4月1日に民放テレビ各局の入社式が行われ、フジテレビの入社式には女流棋士として活躍した竹俣紅ら4人がアナウンサー職として入社。また、『HKT48』の元メンバーだった若田部遥が総合職として入社した。この採用事情に、さまざまな声があがっている。

竹俣は、小学生時代から棋士として活躍。6年生のときにアマ小学生として、史上初めてプロ棋士の女流タイトル戦の本戦に進んだ。高校生のときにはすでに芸能プロに所属し、2019年3月に現役引退したあとはフォトエッセイを出すなど幅広く活動している。

今やテレビ局の〝コネ入社〟は決して珍しいわけではないが、一般の学生からすれば超難関と言われている企業に、しれっと入社を決めてしまうのだから、面白いわけがない。ネット上では早くも、

《今年のフジテレビは竹俣と若田部を獲ったのか。裏でどういう交渉してるのか見てみたい》
《キー局のアナウンサーは、完全に芸能人やスポンサーのコネ入社と、アイドルの再就職先になってるな。それなのにニュースでは、こういうところが差別だとか、弱者がどうのとか報道してると寒気がする》
《いっそ全員縁故入社にすればいいのに。まともに試験受けてる学生がかわいそう》
《今や女子アナになる一番の近道はアイドルや芸能人なんだろうね。ミスコンは時代の流れに的にオワコンだし》
《最近テロップやボードの漢字やアナウンスの間違いが異常に多いような気がする。コネで入る人が悪いとは言わないが、そういうところが裏目に出ているよね》

などと、辛辣な意見が飛び交っている。

一般人の“アナウンサー就職”は狭き門?


総合職入社の若田部は、父親がプロ野球・ダイエー(現ソフトバンク)などで投手として活躍した若田部健一氏、母親は福岡で活動するローカルタレント・若田部佳代の長女。11年7月に『HKT48』の1期生オーデションに合格したのち、アイドル時代はチームHのメンバーとして活躍し、シングル『スキ!スキ!スキップ!』で選抜メンバーに抜擢された。16年12月に志望大学に合格したことで、学業を優先するためグループからの卒業を発表していたが、当時からテレビ局への就職を狙っていたと言われている。

「若田部は卒業時に、『大学で勉強して、4年後に皆さんの前に戻ってこられるように頑張ります』と発言したことで、ファンの間では、『女子アナになるのではないか』とウワサされていました。母親が九州朝日放送のキャスターだったことも、ウワサを後押ししていましたね。恐らく、大学時代から局となんらかの交渉をしていた可能性が高いです。しかし、最終的にはアナウンサー職は難しいと言うことで、総合職でまとめた模様。いずれにしても、親のコネが強力に働いたのは言うまでもありません」(アイドルライター)

フジテレビには、生田斗真の弟の生田竜聖アナ、陣内孝則の息子・陣内太郎ディレクター、歌手・藤井フミヤの息子・藤井弘輝アナ、高橋英樹の娘で元アナの高橋真麻などが入社しており、〝コネ入社疑惑〟は枚挙にいとまがない。また、元『AKB48』の小林茉里奈や、元『乃木坂46』の斎藤ちはるなどアイドルが女子アナに転身するケースも増えている。

民放テレビ各局の採用枠は、例年10~20人程度。近年は不況なこともあり、採用人数は減少傾向にある。狭き門を潜り抜けた2人には、〝コネ入社〟と言われないよう、充分に実力を発揮してほしいものだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ