マツコ、ついに“ジム通い”を決意 「将来、介護されることを考えて」

タレントのマツコ・デラックス(48)があれほど忌み嫌っていたジム通いを、ついに始めることを告白した。知人を通じてパーソナルトレーナーを見つけ、週に1~2回は通うつもりだという。最近、腰を痛めて動けなくなった時期があり、将来寝たきりになって介護をお願いすることになった自分を想像するとゾッとし「このままぶくぶく太り続けていてはいけない」と一大決心をしたのだ。

マツコ・デラックスは今年2月、周辺にコロナ陽性者が出たため自宅待機をしているさなかに肘を痛め、さらにぎっくり腰になってしばらくは動けなかったという。3月1日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、自宅から電話出演したマツコが「2回もトイレに間に合わず、おしっこを漏らしちゃった。本当に笑い事じゃないのよ」と自分ではどうしようもできなかったと告白。やっと立ち上がれるようになると、“幸せ”だと感じたそうだ。

マツコは2017年11月に三半規管にウイルスが入り、めまいやふらつきなどの体調不良で緊急入院している。超多忙なスケジュールで過労による不調もあったそうだが、この時も自宅で動けなくなり「死ぬかと思った」そうだ。10年くらい前までは“太っているわりには健康”と話していたマツコだが、50代が目前となり体の不調が増えるとこの先のことを色々考えるようになったらしい。

4月2日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、「ジムに行くことになりました」と照れ臭そうに明かしたマツコ。痩せたいというより、まず動けるような体になりたいそうだ。本当は有吉弘行(46)のように外でウォーキングをしたいのだが、マスクをしていてもすぐ身バレするため、その勇気が出ないという。「街にこんなデブ、いないもん」と肩を落とすも、1年後の目標として「番組メンバーで皇居一周がしたい」とマツコは目を輝かせていた。

これらの発言に、ツイッター上では「マツコさんが健康のためにジムに通うことにしたり色々学ぼうとしてるのを見て、こっそり私もいっしょに頑張ろ~と思ったりする」「不摂生のマツコさんが意を決してジムやウォーキングを発してた。私も今日歩こう!」「さっきテレビでマツコがジムに通う決意したって言って、なんかマツコがするなら自分もしなきゃって思った」「マツコさんが始めるなら、私もジム再開します!」とマツコ・デラックスの“ジム通い宣言”に感化される人が続出、「一緒に頑張りたい」という声が多数見受けられた。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ