中居正広、独立から1年を振り返りしんみり 「なんの実にもならなかった」

fumumu


中居正広

4日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、コメンテーターとしてタレント・中居正広さんが出演。

4月で独立してから1年…、自身の状況やテレビ番組の変化などについて、本音をこぼしました。

■4月「株式会社TOKIO」始動


番組では、3月末で長瀬智也さんが事務所を退所し、4月から「株式会社TOKIO」が始動したことをピックアップ。

MCを務める東野幸治さんは中居さんに「たくさんの方がジャニーズ事務所を辞めていっているように思うんですけど、想像してましたか?」と質問。

中居さんは「想像はしてないですけど」と苦笑しながらも「タイミングと状況はそれぞれだと思う。TOKIOもこの年齢になって、このキャリアになって、ということだと思う」と語りました。

関連記事:

■中居「この1年を振り返って…」


中居さん自身、事務所退所・個人事務所「のんびりな会」を設立してから、1年。大きな事務所を離れ、すべてひとりで抱えることに「大変ですし」と、本音を吐露。

「そんなに勧めないというか…。(独立を)みなさんにお勧めしますっていう感じではない」と自身の考えを述べました。

特に中居さんが退所&新事務所設立した頃に新型コロナウイルスの影響で、世の中が大きく変わってきた時。

「この1年を振り返っても…なんの実にもならなかった1年」と振り返りました。

■テレビ番組「ターゲットが変わってきている」


続けて「土に種を植えて、水を撒いて花を咲かせるっていう…。種を植えることもなかったし、水を撒くこともなく、なんの花を咲かせることができなかった1年」と振り返り、また、これに対して「僕だけなのかな」など不安な思いに駆られていたようです。

これに、松本人志さんは「俺でもそうやで。この1年、あんまり進めてないよ」と共感し、東野さんはこの1年でテレビ番組も「ターゲットが変わってきている」と言及。

中居さんも頷きながら「局によっては、自分の年齢がターゲットじゃなかったり」とテレビ制作の変化についても語りました。

■「ファンとしては悲しい」「苦しい」


テレビ番組の視聴者の“ターゲット”については「TVのターゲットが48歳以下て 中居くん達にも認知されてるんだね…」「ちょっと それはファンとしては悲しい」「ターゲットが狭まったら同じような番組が増えちゃうだけなのに…」などの言葉が寄せられています。

また、中居さんが1年を振り返って口にした言葉には「『新型コロナでこの1年、なんの身にもならなかった』という話が、やたらと沁みる」「世の中みんなだと思うけど、独立してすぐにコロナで前に進めなかったという言葉…苦しいね…」など、多くのコメントが見受けられます。

・合わせて読みたい→中居正広、HiHi Jets高橋優斗に尊敬される 「歌とかは別にして」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ