ティアックからオーディオプレーヤー、パワーアンプ 最新デジタルデバイスを投入

OVO



オーディオ機器のティアック(東京都多摩市)は、ステレオパワーアンプ「AP-701」(29万8,000円・税別)、USB DAC/ネットワークプレーヤー「UD-701N」(同34万8,000円)を発表した。幅430mm前後のフルサイズコンポとなる700シリーズのラインアンプで、最新のデジタルデバイスの投入による高音質化設計が特徴となる。発売はAP-701が4月17日、UD-701Nが5月29日の予定。

AP-701は、定評あるHypex社製デジタルパワーアンプモジュール「Ncore」2基を搭載。ステレオ左右チャンネルを独立させたデュアルモノ構成として、170W+170W(8Ω)出力を得ている。入力ステージ段はフルバランスでノイズを排除。高効率、低歪みの大容量トロイダルコアの電源トランスをもつ電源部が、どんなスピーカーに対してもつねに安定した駆動でその音質を最大限に引き出すとしている。音の動きに反応するオーセンティックな針式パワーメーターはデザイン上の特徴にもなっている。

UD-701Nは、パソコンなどからのデジタルデータをアナログ音楽信号に変換するUSB DAC、NASに収録したハイレゾ音源やインターネットの音楽ストリーミングサービスの再生に対応するネットワークプレーヤー、アナログプリアンプ、ヘッドホンアンプなどのさまざまな機能を統合したオーディオコンポーネント。ポイントは自社新開発のディスクリートDACの搭載でさらなる高音質再生を追求している。ハイレゾ音源はDSD22.5MHz、PCM 384kHz/32bitに対応(いずれも最大)で、MQAデコーダー機能も備えている。高品質伝送のコーデックLDAC、aptX HDにも対応したBluetoothレシーバーの搭載や、クリアでステレオ感の豊かな再生が可能な4pin XLRバランス出力をもつヘッドホンアンプなど、より高音質の再生が楽しめるようになっている。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ