石毛も篠塚も明言…「江川卓の“ピーク”は高校時代」説は本当か?

アサ芸プラス


「昭和の怪物」と呼ばれた元プロ野球選手・江川卓氏。1980年と81年には2年連続で最多勝利のタイトルに輝いており、400勝投手の故・金田正一氏や権藤博氏、故・村山実氏、平松政次氏といったレジェンドクラスの選手と並ぶセ・リーグ最長タイ記録も樹立した。しかし、そんな怪物・江川のピークについて“高校時代だった”と語る元プロ野球選手は少なくない。

巨人でともに戦った元プロ野球選手の篠塚和典氏も、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル「こちら野球放送席~イージーパイ~」、昨年10月14日投稿回に出演した際、巨人入団時には江川氏の肩の劣化が始まっていることに気づき、高卒から即プロ入りしていれば、もっと勝ち星を挙げることができたのではないかと推測している。

さらに西武で活躍した元プロ野球選手の石毛宏典氏も、YouTubeチャンネル「石毛宏典TV」で3月28日に投稿した〈【江川卓】巨人軍の黒歴史について石毛が語ります〉とタイトルした動画では、“江川氏のピークは高校3年時ではなかったか”と明言。江川氏の作新学院と対戦した今治西高校の球児がバントですら当てることができなかったといったエピソードも交えている。

そこでは番組終盤、石毛氏が「江川さんに会いたくなったな~。一度アタックします」とも発言していることから、視聴者からは「ぜひ江川さんをゲストで呼んで下さい!」と期待するコメントが続出している。

石毛氏のYouTubeチャンネルに江川氏が登場し、その“ピーク”について言及となれば、まさに神回となるだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ