もうかわいいな...!女慣れしていないと感じる「年下同僚」の特徴って?

ハウコレ

年下の男性が好きという女性は、男性のかわいい部分に魅力を感じることが多いです。母性本能をくすぐられるようなしぐさや態度を見て、この男性を守ってあげたいと感じることがあるでしょう。女性慣れしていない男性を見ると、思わずかわいいと感じることもあるのではないでしょうか。

自分の後輩にあたる年下の同僚に母性本能をくすぐられることもありますよね。そこで、女慣れしていないと感じる年下同僚の特徴について紹介します。どんなときに、母性本能をくすぐられるのか、チェックしましょう。

■目を反らしちゃう
女性の職員と会話をするときに、恥ずかしくて思わず目を反らしてしまう姿を見て、女慣れしていないと感じることがあります。女性の目を見て話せないのは、恋愛経験が少ないせいだと考えるのです。男の人だと目を見ているのに女性には無理なんだと傍観するようになります。

目を見て会話できないことを不愉快に思う人もいるでしょう。しかし、そういった初心な態度をかわいいと感じる女性は多いものです。なんとか目を合わせて会話してやろうと、やる気になる女性も多いですよ。

■手をとっさに引っ込める
書類を手渡しするときに手が当たってしまうこともあるでしょう。その時に手をそっとひっこめる男性を女慣れしていないと感じることもあります。女性との触れ合いに慣れていないため、どうしていいか分からなくなったんだろうと感じるのです。

私のことを嫌っているから手を引っ込めたと全く思わせないところが、女慣れしてない男性のかわいいところです。態度や雰囲気から恥ずかしいという気持ちが伝わるため、嫌だったわけじゃないと分かるのです。

■耳が赤くなる
職場だから頑張って女性と話しているけれど、耳が赤くなっている姿を見て女慣れしてないと感じることもあります。普通に話している素振りをしているけれど、内心緊張しているんだろうと感じ取るのです。

話し終わった後にほっとした表情をするなど、頑張った感のある男性を見てかわいいと感じることも増えます。年下の同僚が女性と話す姿を見るたびに、心の中で応援してしまいつい目で追ってしまっているという女性もいますよ。

■飲み会では男性の隣をキープ
会社の飲み会で常に男性の隣をキープしている年下の同僚を見て、女慣れしていないと感じることもあります。男性だと話せるけれど、女性だと何を離したらいいのか分からないため、心地のいい空間に身を置いています。

女性が近くに寄ってきても男性の方を見て話すなど、自分から女性と関わりを持とうとしません。そんな姿を見てかわいいと感じ、思わず喋りかけに行ってしまうということもあるでしょう。

■初心な対応がかわいい!
女慣れしていない男性は、モテ男のようなサービストークが苦手なので本音で話してくれます。

一生懸命話してくれるその姿を見て、母性本能がくすぐられていつの間にか恋に落ちていたなんてこともありますよ。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ