アルパカヘアになった男児を校則違反と判定 カットした母親が学校にブチ切れる

しらべぇ

(tylim/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
コロナ禍でなかなか店に散髪しに行けず、髪が伸びてしまった我が子。そこで母親が散髪したが、異様な仕上がりになったせいで校則違反とみなされたことを、『Metro』などが報じた。

■息子の髪を切った母親


新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になり、散髪に行くこともできない人たちがいる。英国で暮らす女性(33)の息子(12)もその一人で、伸び放題の髪が目にかかり気になっていたようだ。

そこで女性は「私が散髪してあげよう」と考え、3月19日に息子の髪を切った。その後に学校に行かせると、先生たちは「髪を短く刈りすぎ」と判断し、息子を別室に移動させたという。

関連記事:モンペか賢母か? 授業中の私語で口にテープを貼られた児童の親が激怒

■学校側の決定に母親が激怒


側頭部と後頭部を短く刈り込まれ、トップの巻毛だけが長く残るアルパカのような髪形になった息子。先生たちが違反とみなしたのは短い部分で、「容認可能な長さになるまで別室で勉強すること」「休み時間も友達に会ってはダメです」と息子に伝えたのだという。

これを知った両親は激怒。「コロナ禍なのですから、学校はもっと情けをもつべきでしょうが!」とメディアに不満をぶちまけた。

■母親の主張


母親は「ランチの時間もウチの子は外に出してもらえません」「教室での授業にも参加を許されず、別室でオンライン授業を受けるよう命令されてしまいました」と告白した。

また「そもそも、私は美容師じゃないんです」「あんなに短くなるなんて、自分でも思っていませんでした」と、散髪に失敗したことについてを認めている。そして「他の悪ガキと同じように見られることを、息子はとても気にしています」と、息子の心情も吐露した。

■意味のわからない校則があった人は…


しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、全体の33.3%が「意味のわからない校則があった」と回答した。



母親に散髪してもらった結果、恥ずかしい頭になってしまった息子。コロナ禍で仕方なく母親に頼った結果そうなったというが、それでも学校はこれを校則違反とみなした。

世間からは「散髪屋じゃないからこそ、無茶な刈り方は避けるべきだった」という声、また「学校が厳しすぎる」という声も上がっている。しかし、アルパカのような頭にされた上に「校則違反だ」と怒られた息子が一番気の毒という意見もある。

・合わせて読みたい→田村淳、心底呆れた女子生徒への校則に言及 視聴者も「最悪」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10~60代の男女1,789名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ