明るくフレンドリーな賀来賢人に隠された大学時代の“黒歴史”

アサジョ


 俳優の賀来賢人が、3月27日に都内で行われた「映画 きかんしゃトーマス おいでよ! 未来の発明ショー」の公開記念舞台あいさつに登壇した。人気の長寿アニメ番組の映画化で、賀来はゲスト声優を務めている。

「イベントには、子供達も数多く来場。子供たちから、新年度を迎え新しい友達を作るコツを尋ねられ『“いーれーて”“いーいよ”のひと言があればすごく仲良くなれる。勇気を持ってそのひと言を言うことが大事』と答えていました。現在2児の父親でもある賀来は『小さい頃から見ていて、父親になって見ている。トーマスにかかわれてうれしい』と話していました」(女性誌記者)

友達を作るコツを満面の笑みで答えた賀来。しかし、そんな彼には友達ができなかった、なんとも寂しい過去があった。

「2020年1月にVTR出演した『スッキリ』(日本テレビ系)で、おしゃれな青山学院大学時代には友達がいなくて“あること”をやっていたと告白。賀来によると、小中高と一貫して男子校に通っており、大学生になって初めて共学校に入学。今までとは違った場所で『あいつ友達いねえんだなって思われなくない』から『ずっと電話してるフリして。あたかも友達と電話してるかのように』振る舞っていたと告白しています」(芸能ライター)

そんな彼も芸能界デビューして、人気俳優の仲間入りを果たした今、『ガチで仲がいい』友達が出来たという。

「賀来は、昨年放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、仲野太賀、柄本時生とともにゲスト出演。この3人はプライベートでも仲良しということで、親友だからこそプライベートをぶっちゃけて大いに盛り上がっていました」(前出・女性誌記者)

孤独な大学時代を経て、心を許せる友と出会えた賀来。バラエティ番組などで社交的な彼の一面を見ると、友達がいなかったとはにわかに信じがたいが、そんな暗黒時代も、意外と演技力の肥やしになっているのかもしれない。

(窪田史朗)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ