兒玉遥、HKT48時代は「妬み嫉み、陰口なんて日常茶飯事」 繰り返されてきたアイドルのいじめ問題と運営側のずさんな対応

wezzy


 元HKT48・兒玉遥が、グループ在籍時の苦悩を告白し、ネットで物議を醸している。

兒玉は3月31日、メディアプラットフォーム・noteに「アイドルの光と影 ①」と題した記事を投稿。そこで彼女は、2019年6月にグループを卒業した本当の理由について<躁うつ病 になったから>と明かしつつ、<今の私なら何と答えるだろう? そう考えた時出てきたのは 『集団行動が苦手だったから』>とアイドルグループとして活動しつつも、集団行動が苦手だったと告白した。その上で、当時の苦悩をつづっている。

<AKB48その名の通りHKT48も50人近くのメンバーが活動するアイドルグループです。年頃な女の子が集まれば色んな事が起きます。妬み嫉み、陰口なんて日常茶飯事です。一喜一憂してられません>

<、、、なんて。今なら受け流せるのですが、バカ真面目な性格だった私は、全て真に受けて落ち込んでいました>

<メンバー同士は仲間ですが、もちろん競争があります。総選挙では順位が出て、握手会では売り上げで評価されます。常に誰かと比較され、順位を付けられる環境でした。それも全国放送地上波で、、、>

<煌びやかな衣装に身を包み、弾ける笑顔で歌い踊り、見ている人に元気を届けているアイドル。眩しいほどに輝き スポットライトの中にいる彼女達は 見えない所でこのような毎日を過ごしていたんだと身を持って知りました>

<その光と影が、闇に変わった瞬間が躁うつ病だったように思います。今もなお活動しているメンバーが本当に眩しいです。尊敬と心ばかりのエールを送ります。どうかその光が闇に変わりませんように、、、>

兒玉の告白に、ネットでは「いじめがあったと暴露してる?」「センターだったから嫉妬でいじめられたのかも」と驚く声の他、「まだ仲間が現役なのにこういうこと言うのは反対」と否定的な声も出ている。

48グループや坂道グループなど、大人数のアイドルグループでは、これまでもグループ内のいじめ疑惑が浮上しているが、その度に運営側のずさんな対応が明るみになってきた。
欅坂46でもいじめがあった?
 2019年4月には「文春オンライン」が、元欅坂46(現在のグループ名は櫻坂46)の今泉佑唯がグループを卒業した理由に「メンバー5人からのいじめ」があったと報じた。今泉はメンバーに<平手(友梨奈)が築き上げた欅をお前が壊している><死ね>などと暴言を吐かれたり、持ち物を隠されたりしていたという。これを受けて運営幹部がメンバーに聞き取り調査を行い、主犯格の5人を辞めさせると約束したそうだが、結局それは実現せず、いじめの事実を隠ぺいしようとしていたと伝えていた。

2019年1月には、当時NGT48のメンバーだった山口真帆が、ファンの男性2人から暴行被害を受けていたことが判明し、犯人として25歳の無職男性と男子大学生が暴行容疑で逮捕(後に不起訴)されて世間を騒がせた。

山口はSHOWROOMで配信した動画で<悪いことしてる奴らは解雇するって(運営側が)言ってくれたのに、何も対処してくれない><全部対処、処分してくれると信じてたのに><(事件から)1カ月待ったのに>と涙ながらに訴えており、さらにTwitterでは<あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、あるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました>とつづり(後に削除)、犯人はNGTメンバーの指示を受けて自身を襲ったと告発。

しかし、その後行われた公演では被害者である山口が<このたびはお騒がせしてしまいすいません><AKSの方と話し合って、また新しい方向に向かっていけるように、NGTの、チームGの副キャプテンとして頑張っていこうと思います>と謝罪し、ネットでは「なぜ被害者である彼女が謝らなければならないのか」と運営に対する批判が殺到した。

運営会社「AKS」(現ヴァーナロッサム)は、暴行容疑で逮捕された男性2人に対して3000万円の損害賠償を支払うように求めて裁判を起こしたが、2020年4月に被告側が240万円を支払い、謝罪文を提出することで和解が成立。被告側は、山口に対して<他メンバーにそそのかされた><住所を教えてもらった>と話しており、その音声データも残っていたが、裁判ではそれを覆し、<NGT48メンバーが本件暴行等に関与しているかの如き誤解を招いたことにより、貴社のNGT48の運営に混乱を招き、支障を来したことについて陳謝します>と謝罪している。裁判の結果、NGTメンバーは事件に関与していないということになったものの、多数の謎が残った。

アイドルグループはメンバーそれぞれの人気が如実に表れやすい。10代の多感な時期の少女が多いこともあって、当然メンバー間でいざこざが起こることもあるだろう。それに毅然とした対応をとり、必要に応じてメンバーたちのケアをするのが運営の役割だろうが、果たしてAKB、坂道グループの運営は機能しているのだろうか。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ