新婚の夏菜、結婚指輪への思い明かす

モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/03】女優の夏菜が、2日放送のフジテレビ系バラエティー番組『人志松本の酒のツマミになる話』(毎週金曜よる9時58分~)に出演。結婚指輪に対する考え方を明かした。

◆夏菜、結婚指輪は「バリア的な役割もある」



夏菜は、今年1月に一般男性との結婚を発表。新婚の夏菜は、「結婚指輪を買って、普段はつけてるわけなんですけど、どんどん年月が経つにつれてつけなくなる人がいるじゃないですか。あれってなんでなの?」と男性陣に質問した。

「私としては(結婚指輪を)つけてたいしつけててほしい。バリア的な役割もあるじゃないですか。外に行く時ほどつけててほしい。『この人結婚してないからイケる』って思われてもらいたくない」と結婚指輪への思いを明かした夏菜だったが、スタジオの既婚男性で収録の際に結婚指輪をつけていたのはナインティナイン・矢部浩之のみ。ダウンタウン・松本人志が「つけるタイプなんや。意外」と驚きの声を上げる中、夏菜は「スゴイ。こういう方がいて嬉しい」と矢部の方を向いて拍手した。

◆夏菜、松本人志の結婚指輪エピソードを称賛



そして、「最初から(結婚指輪を)していない」という松本が、「1回だけ結婚記念日の日に飯を食いに行く時にしたろと思ってしていった」というエピソードを明かすと、夏菜は「嬉しい、それは」とコメント。松本の話には「して行ったんやけど、(結婚記念日)2カ月前やった」というオチがあったが、夏菜は「その気持ちはスゴい嬉しい。普段はしないけど記念日にしてくれるっていうのもありですね」と称賛した。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ