ヤバい可愛い…ベッドで彼を「キュンとさせる方法」

愛カツ


付き合っていれば、2人で一緒に寝ることもありますよね。

ここで相手に安心感を与えるのは大事ですが、さらにもう一歩踏み込みたいところ。

彼が思わず、「可愛い」と呟いてしまうような仕草で、もっともっと夢中にさせちゃいましょう!

ヤバい可愛い…ベッドで彼を「キュンとさせる方法」

■ 寒いふりをしてカラダをくっ付ける

「彼女が家に遊びに来て一緒に寝るとき。ベッドに入ってすぐ、『寒い寒い』とカラダをくっ付けてくるんです。

それが可愛くてたまりません。“よしよし”とカラダをさすってあげます」(33歳/自動車)

この時期、ベッドのなかも冷えていて、寒く感じます。それを口実に、カラダをくっ付けてみましょう。

男性にとっては、小動物のような行動で、可愛らしく感じます。自分の体温で、温めてあげたくなるんですね。

■ 「眠れないかも」と言っておきながらすぐ寝る

「一緒に寝るとき、たまに彼女が、『眠れないかも』と言うんです。何か聞いて欲しい話でもあるのかなと思うじゃないですか。

で、少し話すんだけど、いつの間にかスースー寝息をたてているんです。拍子抜けするけど、まあ可愛いですよね」(34歳/教育)

「眠れない」と言われれば、心配もするでしょう。悩みがあるのか、体調が悪いのかなど、気になります。

それにもかかわらず、すぐに寝てしまう彼女。心配して損したと思いますが、その天然具ぐあいに惹かれる男性は多いでしょう。

■ 寝言のように彼の名前をつぶやく

寝言のように彼の名前をつぶやく

「夜中にふと目を覚ましたとき。隣で寝ている彼女が、僕の名前を呼んだんです。返事をしても、応答なし。寝言でした。

でも、寝ているあいだも俺のことを考えてくれているなんて、嬉しいですよね」(27歳/食品)

彼の夢でも見ていたんでしょう。寝ているあいだも思ってくれているなんて、彼としては当然嬉しいはず。

一緒にベッドに入ってるとき、寝ているふりをして、彼の名前を呟いてみるといいかも。

ただし、彼が本当に寝ているときに言っても効果はありません。

■ 彼が目を開けた瞬間に視線を逸らす

「朝方、目を覚ましたときに、視線を感じたんです。パッと隣の彼女を見たら、サッと顔をそらしました。

たぶん、僕の寝顔を見ていたんだと思います。そんなに僕のことが好きなのかと、可愛いなと思いました」(26歳/金融)

好きな人の寝顔などは、見ていたくなるものです。見られているほうは、愛を感じるでしょう。

しかし、あまり圧をかけて眠りづらい状態するのはあまり良くないかも。

見るとしたら、間もなく起きる朝方が好ましいでしょう。

■ 彼をキュンとさせよう

付き合ったあとも、彼には可愛いと思ってもらいたいですよね。

そんな瞬間がたくさん訪れるほど、愛も深まっていくはず。

一緒にベッドに入るときも気を抜かず、たっぷりキュンキュンさせてあげてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ