我が子をくわえ動物病院に助けを求めた野良猫(トルコ)<動画あり>

子猫を口にくわえて動物病院にやって来た野良猫は、何かを訴えるように鳴き続けていた。猫がそのまま病院の奥まで入ってきたのでスタッフが確認すると、子猫は目に感染症を患っていたのだ。我が子を救うために助けを求めた母猫の行動は実を結び、スタッフの治療を受けて子猫は回復することができたという。『Daily Star』などが伝えた。

トルコ西部のイズミルにある動物病院の近くに、気ままに過ごす1匹の野良猫がいた。病院スタッフたちは猫を見かけると水やエサを与え、地域の人たちと優しく見守っていたという。

ところがある日の朝、診療開始時間を迎えていつものように患者の受付を行っていると、その猫が中まで入って来たのだ。その口には小さな子猫がくわえられており、母猫は何かを訴えるかのように鳴き声をあげ続けた。

この猫が妊娠・出産していたことを知らず、スタッフたちは驚いたという。ただならぬ様子で鳴き続ける猫だが、スタッフらは何を伝えたいのか分からず困惑した。

すると猫は再び子猫をくわえ、奥の診察室まで自ら入って行ったのだ。当時の様子が映像に残されており、戸惑うことなく病院内を進んでいく猫の姿が映っている。スタッフらも猫のために通り道を作るように見守っていた。

この様子を見ていたスタッフたちは、子猫の目が開いていないことに気付いた。獣医に相談して診察してもらうと、子猫は目に感染症を患っていることが発覚した。母猫は自分ではどうすることもできないと判断し、顔なじみの動物病院のスタッフに助けを求めたのだった。

動画にはスタッフが子猫を持ち上げ、小さな目に目薬を差して治療する姿も映っている。治療後しばらくすると、子猫は無事に目を開けた。母猫は初めて入る病院内に緊張している様子だったが、徐々に慣れてくると待っている間に病院内を探検していたそうだ。

その後、さらにもう1匹子猫が見つかった。こちらは健康だったものの、今後の感染症を予防するための目薬が処方された。

病院スタッフは「こんなことは初めてだったので、本当に驚きましたね。子猫が無事に目を開くことができてほっとしています」と胸をなでおろした。

ちなみに、過去には同じくトルコで病気の我が子を人間の病院へ運んだ母猫や、ブラジルで怪我をした野良犬が自ら動物病院に現れたこともあった。

画像は『StarBiz 2021年3月31日付「Mother Cat Carries Her Kitten To The Hospital For Help」(NEWSFLASH)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ