美人女子高生×中年の強盗が入れ替わり! 『ザ・スイッチ』監督も「影響を受けた」と明かす<入れ替わり>映画まとめ



製作会社ブラムハウス・プロダクションズがおくる“未体験!入れ替わり(ボディスイッチ)ホラー” 『ザ・スイッチ』が2021年4月9日(金)より全国公開となります。

本作は『透明人間』(20)、『アス』(19)、『ゲット・アウト』(17)など低予算ながら全米No.1ヒット作品や高品質で新感覚の作品を次々生み出し、ハリウッドを席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションを牽引するジェイソン・ブラムと『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督の強力タッグによる最新作。



“入れ替わり”を題材にした誰もが未体験のボディスイッチホラーは、ホラーの帝王スティーヴン・キングが「クソ素晴らしい!」(https://twitter.com/StephenKing/status/1304086858247348226?s=20)と大絶賛。北米で、ホラー界では最も意味のある日付、11月13日(金)に公開されると128万ドル稼ぎ、累計はインターナショナルふくめて930万ドルに到達、コロナ禍にも関わらず二週連続の全米初登場NO.1を樹立するなど大ヒットを記録!

記録的大ヒットがまだまだ記憶に新しい、新海誠監督の『君の名は。』(16)を筆頭に、児童文学「おれがあいつであいつがおれで」を原作にした大林宣彦監督の『転校生』(82)といった不朽の名作など、定番の設定として常に高い人気を誇っている”入れ替わり”の物語。そして令和の時代へと突入した日本のエンタメシーンには、話題沸騰のまま3/21に最終回を迎えた綾瀬はるか主演「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS)、さらに4月スタートの新ドラマ・松坂桃李主演「あのときキスしておけば」(EX)が控えるなど、空前の”入れ替わり”ブームも到来中です。

いっそう熱を帯びている“入れ替わり”作品の人気は決して日本に限ったものではなく、世界中でもこれまでに様々な作品が公開されており、コメディでも恋愛でもホラーでもジャンルを問わず、意表を突いた笑いやドラマチックな展開が繰り広げられ高い満足度をたたき出す秀作の宝庫。

美人女子高生×中年の強盗、母親×反抗期の娘、男子高生×女子高生など、時代を超えて愛される様々な入れ替わり(ボディスイッチ)映画を大特集!!

■『ホットチック』(2002)

お気楽な毎日を過ごしていた、カリフォルニアの美人女子高生ジェシカ(レイチェル・マクアダムス)が手に入れたアンティークのイヤリング。ガソリンスタンドでその一方を落としてしまうが、実はそのイヤリングは片方ずつ2人の人間が持つと体が入れ替わるという呪いがかけられていた…!なんと翌朝、ジェシカの姿はスタンドを襲った強盗男になってしまっていた…。

見知らぬ強盗男と体が入れ替わってしまった女子高生、『ザ・スイッチ』とも似た関係性の登場人物によるドタバタ・コメディ。『きみに読む物語』(04)や『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13)などで知られるレイチェル・マクアダムスは本作がハリウッド進出作。『ザ・スイッチ』で冴えない女子高生ミリーを演じるキャスリン・ニュートンもこの作品の大ファンであると明かしており、少なからず共通点を持ち合わせる1本。

■『フォーチュン・クッキー』(2003)

再婚相手との結婚式を控える、几帳面で完璧主義者の精神科医テス(ジェイミー・リー・カーティス)は、学校の問題児でロックに夢中な娘アンナ(リンジー・ローハン)が新しい父親と打ち解けないことに頭を抱えていた。家族で出掛けたチャイニーズレストランで始まってしまった大喧嘩を見かねた店のオーナーの母”ミセス・ペイペイ”が、仲直りのためにと差し出した“フォーチュン・クッキー(おみくじクッキー)”を口にした2人は、翌朝に身体が入れ替わってしまう…。

原題は『Freaky Friday』。76年のジョディ・フォスター主演作『フリーキー・フライデー』をリメイクしたファンタジック・コメディで、本作でジェイミー・リー・カーティスは第61回ゴールデングローブ賞の最優秀主演女優賞にノミネート。『ホットチック』と同様にこちらもニュートンが幼少期に繰り返し見ていた大ファンであることに加えて、『ザ・スイッチ』の原題も何を隠そう『Freaky』であり(直訳は”気まぐれ””突飛”など)、いわば”Freaky”モノの系譜をぜひ確かめてみてほしい。

■『君の名は。』(2016)

見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、時空を超える奇妙な入れ替わりの夢を通じて導かれていく姿を追った、新海誠監督の代表作。ファンタスティックでスケール感に満ちあふれた物語や、緻密で繊細なビジュアルにも圧倒されるあまりにも美しいアニメーションで、映画ファンの間で知る人ぞ知る人気を高めていた新海監督が、ボイスキャストに神木隆之介、上白石萌音が名を連ねたこの”入れ替わり”作品により、ついに日本列島を揺るがすほどの特大ヒットを飛ばし、いまなお日本の歴代興行収入第5位(2021年1月現在)となる興収約250億3千万円を記録した。いまや「入れ替わってるー!?」の一言でこの作品を連想させるほどの社会現象は、全国民の脳裏にいまも鮮明に記憶されているはず。”入れ替わり”映画はハズレナシ・間違いナシ、ということを証明している1本ともいえる。

■『ザ・スイッチ』(4月9日(金)公開)

冴えない女子高生のミリーに、連続殺人鬼ブッチャーが鳴り響く雷鳴とともに短剣を突き刺したとき、異変が起こる。その夜ふたりは入れ替わってしまい、24時間以内に入れ替わりを解除しなければ一生元の身体に戻れない状況に・・・!JKの姿に紛れ、これ幸いと殺戮を企てるブッチャーから、ミリーは身体を取り戻すことはできるのか? 女子高生と連続殺人鬼がぶつかり合う、長い長い夜が幕を開ける!

『名探偵ピカチュウ』(19)、『スリー・ビルボード』(17)に加え、マーベルの「アントマン」シリーズ最新作への出演も発表された次世代トップ女優キャスリン・ニュートンと、『ドッジボール』(04)や『サイコ』(98)などで知られる演技派俳優のヴィンス・ヴォーンが、入れ替わる2人を時に恐ろしく、時にユーモアたっぷりに見事な熱演を披露。「ハッピー・デス・デイ」シリーズで鮮烈な印象を残したジェイソン・ブラム&クリストファー・ランドン監督が再びタッグを組み生み出した、JK×中年殺人鬼の史上最悪の入れ替わりという斬新な設定で描かれるストーリーに注目いただきたい!



製作のジェイソン・ブラムが「(この作品の)アイデアを聞いた瞬間から、クリストファー・ランドン監督と作りたいと感じた。すごく面白いアイデアだし、これまでの入れ替わり映画とは違っていて、どんな映画になるのか見てみたいと思った。クリスとは何作も仕事をしてきたから、彼の創造性は完全に信頼している。新鮮で刺激的な物語を作り出す優れた能力がある」と全幅の信頼を置いている監督のクリストファー・ランドンは、本作を制作する上で影響を受けた作品として、『13日の金曜日』、『ハロウィン』、『エルム街の悪夢』といったホラー代表格のシリーズに加えて『フォーチュン・クッキー』を挙げている。映画・エンタメ界が脈々と築き上げてきた王道のテーマが、新時代の気鋭クリエイター陣の手によりさらに進化を遂げ、かつて見たことのない”入れ替わり”の幕が開く本作をぜひご堪能あれ!

【関連記事】「親友なのに何よ!」 入れ替わりホラー『ザ・スイッチ』女子高生を演じるヴィンス・ヴォーンの名演シーン

https://horror2.jp/45714

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ