松本まりか、ホースコーチングで馬に倒され涙「怖かった」

 

3月31日の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、女優の松本まりかが登場。「自分を発見したい」と自ら希望した「ホースコーチング」で馬と向き合った結果、自分の弱さに気づくこととなった。

 

「怖かった。なんか久々に怖くて泣いた」

「芸歴20年を迎えまっさらになりたい!」という松本。「まさかバラエティ番組、しかも『今くら』で流すような内容では全然なくてですね。ただただ自分と向き合う、みたいなロケに行ってまいりました」と語る松本が参加したのは、札幌の外れ「ピリカの丘牧場」にある雪山で2泊3日、約30万円の「ホースコーチング」。松本は「ちょっと自分を見つめ直そうかなと思って。馬と一緒に自己内省?お馬さんと触れ合うことで、自分を見つめ直す旅というか。自分を発見したいと思って」と笑顔を見せた。

 

「3頭の馬とどういう距離感で接するかで人間社会での人との関わり方を明らかにできる」というプログラム。大切なのは「馬が近寄ってきても、絶対に引かず『ノー』と伝える」こと。「ノー」と伝える松本だが、思わず引いてしまい距離を詰められ押し倒されてしまう。「怖かった。なんか久々に怖くて泣いた」と涙を流す松本。指導者から「襲わない動物なのに、襲っているように感じた。馬って逃げることで生き延びていく動物なんです。角も牙もない」と聞いて、驚く松本。「怒りではなく、『ノー』と言えるかどうか。私から見ると優しい。自分の方を犠牲にする。許してます、自分が犠牲になる方を」と言い当てられ、松本は「自己犠牲、結構あります」と答えた。

 

見たままの情景を語るプログラムでは、環境のことばかりで馬についてあまり語らなかった松本。これを指摘されると「見たくないのかもしれない。そうやって人を避けてたのかもしれないなって思いました」と松本はポツリ。

 

「ちゃんと人と対峙することがもしかして苦手なのかも。すごくしたいのに。そこ一番したいところなのに、実はできてるってちょっと勘違いしてた」と、人と関わることを避けていたと自分を見つめ直した松本であった。

※トップ画像は『今夜くらべてみました』公式Instagram(@ntv_konkura)より

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ