新メンバーが加わった柿喰う客の新作は、ホラー・スリラー・ミステリー 『滅多滅多』の上演が決定

SPICE



柿喰う客が、2021年5月21日(金)~30日(日)本多劇場にて、新作公演『滅多滅多(めっためた)』を上演することを発表した。

先日、蓮井佑麻、中嶋海央、佐々木穂高、田中廉、山中啓伍、浦谷賢充、沖育美という新メンバー7名が加入した柿喰う客。彼らとともに行われる新たな公演は、ホラー・スリラー・ミステリー。魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)する高天原市立秋津島小学校。時刻は4時44分、夕闇迫る逢魔が時、忌まわしき歴史に血塗られた幽愁暗恨(ゆうしゅうあんこん)の教室で、悪魔たちの課外授業が幕を開ける……という物語。

作・演出は、中屋敷法仁。そして柿喰う客の怪優20名が、大人と子供と「七不思議」による学内抗争を描く。どんな公演になるのか、期待が高まるばかりだ。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ