最近『ジョジョの奇妙な冒険』第4部が絶賛されているけど連載当時は最悪なほど不人気だった / 今になって第4部を絶賛している人はニワカ

「最近になって『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部が絶賛されていますが、『週刊少年ジャンプ』連載当時は最悪な状況といえるほど不人気だったんです。連載当時から第4部が好きっていう人ならいいのですが、当時は批判的な意見を持っていたのに、いまになって4部を絶賛しているような人はニワカとしか思えない。生粋のジョジョファンとはいえませんね」
そう語るのは、生粋のジョジョマニアのY氏。彼のジョジョマニアっぷりは異常で、いつも荒木先生の心理状況がどうなっているのか推測しつつジョジョを読んでいるというキチ○イっぷり。彼はここ最近の第4部を絶賛する流れに疑問を持っているという。
「荒木先生は第4部を苦しみながら描いていたんですよ。第3部からストーリー的にスケールダウンやボリュームダウンしたと言われてて、実際に苦悩が絵や展開に現れています。展開がぎこちないんですよね。ジャンプのアンケートも第3部からガクンと落ちたと聞きました」(Y氏 談)
そんな背景があって、第4部は多くのジョジョファンが離れていく状況にあったのだとか。それでもY氏は第4部の心理戦が非常に秀逸で、身近にある恐怖を表現しようとしている荒木先生の魅力に第3部のときよりもひきつけられたと語っている。
えーと、つまりY氏は何を言いたいのか? 「第4部は素晴らしい内容です。でもみんなが第4部を絶賛しなゃならない流れになっているのは何か違うと思うんです。第4部をほめるとジョジョ通みたいな流れにもなってる。たぶんこのあと第6部をほめればいいという流れになると思います」。
つまり「連載当時は見向きもしなかったくせに今になって第4部を絶賛して通ぶるんじゃねえ!」ということらしい。でも、あとになって評価される絵画もたくさんあるしなあ。皆さんは第何部が好き?

この記事をロケットニュース24で読む
●関連記事

読売ジャイアンツの長野選手が「試合中にジョジョ立ちしている!」と話題に

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ