くっきー!に「朝から大丈夫か」は杞憂だった? MC・川島明との掛け合いに「ゴールデンでも見たい」と好評

3月29日にスタートした“日本でいちばん明るい朝番組”がキャッチフレーズの『ラヴィット!』(TBS系)。各曜日にはビビる大木や石田明(NON STYLE)といった曜日レギュラーをまとめる存在がいるが、金曜日はくっきー!(野性爆弾)であり彼のネタのイメージから不安視する声があがっていた。予想通りに普通の姿では登場しなかったくっきー!だが、やり過ぎのラインギリギリのコスチュームで笑いをとり、MC・川島明(麒麟)との掛け合いも視聴者には好評だった。

世帯平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)が初回から2.7%、2.1%、2.2%、そして第4回目の4月1日が1.8%と低空飛行が続く『ラヴィット!』。同番組の低視聴率について、『5時に夢中!』(TOKYO MX)で9年間MCを務めたふかわりょうは「MCからすれば、3年は欲しい。帯番組は視聴習慣だから、日常のリズムに(組み込まれるまで)」と川島明を思い遣っていた。しかし前番組の『グッとラック!』は低視聴率のため、たった1年半で終了している。このままの視聴率では早い時期に番組のテコ入れが行われ、現行のレギュラーメンバーを半年ぐらいで交代する可能性も十分にあり得るのだ。

そのレギュラー陣には曜日別に“まとめ役”がおり、月曜日は馬場裕之(ロバート)、火曜日はビビる大木、水曜日は柴田英嗣(アンタッチャブル)、木曜日は石田明(NON STYLE)、そして金曜日はくっきー!(野性爆弾)だ。レギュラーは若手のタレントや芸人が多いこともあって、“まとめ役”は大事なポジションとなる。特に今週半ばから視聴率の話題がニュースに取り上げられていたこともあり、石田は公式ブログで「「立ち上げたばっかりの番組ですから数字もよくないでしょう! 賛否両論もあるでしょう! 最初はそんなもんです」と綴り、生放送では「下がるな、視聴率!」と拳を上げて番組を盛り上げていた

ところで強面な破天荒キャラのくっきー!は朝の番組のイメージが全くなく、「日々の買い物や食事、住まい、おでかけ情報など暮らしが10倍楽しくなるきっかけを届ける番組」という『ラヴィット!』のレギュラー入りに首を傾げる視聴者も少なくなかった。しかし4月2日に登場してまず驚いたのは、前日まで“まとめ役”は前列の席だったがくっきー!は後列だったこと、そしてコスプレ姿だったことだ。くっきー!の『肉糞亭スポーツ(yodareyodare)ツイッター』によると、黒髪を横分けにして眼鏡をかけ、紺色のスーツを着用して登場した理由を「朝なのでコメンテーティングするもんだと思っていたのですがは無しの番組だったのね。勘違い勘違い」と明かしている。

このくっきー!のいで立ちに、川島は「真面目にやってもらえますか?」、「こういう迷惑のかけ方があるんですね、先輩頼みますよ」とニヤニヤしていた。その後も他の出演者がコメントしている時も頷きながら台本を見たり、VTRを眉を顰めて見入ったりと彼は本当に芸が細かい。思わず川島が「専門家が資料見る時の顔しなくて良いですよ」「増え続ける花見客を見るような顔して…」と突っ込むと、「お前、やっぱりおもろいなー」「突っ込んでいるようで、ボケてんなー」と褒めながら、くっきー!は彼とのやり取りを楽しんでいた。

ネット上では「朝からくっきー大丈夫か? と思ったけど…笑わせてもらったね」「くっきーさんが最高に面白くて、川島さんのツッコミにも笑い転げました!」「今日のラヴィット普通に面白かった」「出演者さんの相性? コーナーの良さ? 素人には分からんが見やすかったな。川島さんとくっきーの掛け合い、朝もいいけどゴールデンで見たいかもしれん」といった意見が多く好評だった。

画像2枚目は『肉糞 太郎 2021年4月2日付Instagram「#しっかりと」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ