メルカリの売上金をビットコインで受け取れるように? - 子会社「メルコイン」設立


メルカリは4月2日、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画や開発を行うため、子会社として「株式会社メルコイン」を設立すると発表した。4月下旬に発足を予定しており、今後、暗号資産交換業者の新規登録申請を行うとしている。

メルカリは新子会社設立の背景として、暗号資産が大きな存在になりつつあると説明。2017年に資金決済に関する法律が改正されて以来、さまざまな事業者が暗号資産交換業に参入した他、グローバルな環境では決済や送金での利用などで活用が広がっているとしており、国内においてもこれまでにない新しい顧客体験を提供できる可能性があるという。

発表の中で同社は、フリマサービス「メルカリ」やモバイル決済サービス「メルペイ」との連携機能についても言及。売上金をビットコインで受け取る機能、決済・送金機能、与信・運用機能を1つのウォレットで提供することで、よりかんたんに金融サービスを利用できる環境を構築していくとしている。

暗号資産のほか、ブロックチェーン技術としてNFT(Non-fungible token)も取り扱う。「これまでのモノ・お金に限らず、サービスやデジタルコンテンツなどのあらゆる価値を誰もが簡単に交換できる新しい取引の形を創出し、さらなる顧客体験の向上や顧客基盤の拡大に繋げていきたい考えです」と述べた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ