常に進化を止めないサウンドでシーンを席巻し、幾多のアーティストに多大な影響を与えてきた"菊地成孔"主宰ビッグバンドDC/PRGの原点とも言うべき1stアルバム『アイアンマウンテン報告』(2001年)が遂にヴァイナル化!

Rooftop


NaruyoshiKikuchi.jpg

2021年4月2日の最終公演を持って解散声明を発したデートコース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン(DC/PRG)が、70年代エレクトリック・マイルスからの源流をジャズ~ソウル~ファンク~アフロ、さらには現代音楽までクロスオーヴァーした唯一無二なスタイルでダンスミュージックへと昇華した衝撃の1stアルバム『アイアンマウンテン報告』。発売から20年を経て最新リマスタリングを施し、8月11日(水)にヴァイナルリリースされることが決定した。

908.jpgポリリズミックなリズムに重厚なグルーヴ、ツインドラムを備えた11人編成によるビックバンド・スタイルで畳み掛ける怒涛のインストゥルメンタル・ミュージック、ジミヘンで有名なナンバー「HEY JOE」をも独創的な解釈でプレイするなど、ジャンルやカテゴリを超越したスタイルは00年代の幕開けにふさわしいボーダレス・サウンドと言える。試聴・予約はこちら。

【パーソネル】

菊地成孔(Vox-Jagar / CD-J / キーボード)

大友良英(ギター)

高井康生(ギター / フィルター)

芳垣安洋(ドラムス)

藤井信雄(ドラムス)

栗原正巳(ベース)

津上研太(ソプラノ・サックス)

後関好宏(テナー・サックス)

坪口昌恭(シンセサイザー / エレクトリック・ピアノ / クラヴィネット)

大儀見元(パーカッション)

吉見征樹(タブラ)

【ゲスト】

イトケン(ドラムス / タンバリン)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ