【1枚2役】進化したシャツワンピース|選ぶべき「バンドカラー」の4タイプ

GISELe

垣根なく日々のオシャレに対応するワンピースは「タイプ別」に持っておきたい。ロングカーディガンのように、1枚で着るのはもちろん、バサッと気軽に羽織れてコーディネートに調和をもたらす便利なシャツワンピース、今季の狙いめは?

重ね着やはおりにも向く
「しなやかな前開きシャツ」
顔まわりもスッキリと見えて、リラックスしたムードのバンドカラーが旬。くたっとした風合いのゆったりシルエットなら、好感度と快適な着心地を両得。

【画像一覧】アウターとしても使える前提のシャツワンピ


「黒をなごませる曲線フォルム」
スラブボイルビブワンピース /デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) やや光沢のある黒の品格はそのままに、やわらかな生地と丸みを帯びた形でやさしい雰囲気づくり。

\白でも透けにくい裏地つき/

「白をカジュアルに導くシアサッカー」
白シャツワンピース /ヤヌーク(カイタックインターナショナル) クリーンな白の力みを抜くシアサッカーの凹凸感。細かなギャザーによるボリュームで、1枚でも華やか。


「ささやかなデザインでベージュを更新」
アシンメトリーシャツワンピース /FLORENT 上品なベージュにニュアンスを生む、前後差のあるフレアなすそ。顔まわり以外のボタンが隠れる作りで印象はすっきり。


「春に着られる清涼感」
シャツワンピース/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) 厚みのある生地ながら軽快に見える、クリーミィな色みとエアリーなシャーリングデザインがポイント。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ