本当に無理!【30オーバーの女性】にはして欲しくない行動4選!

ハウコレ



若い子がすると可愛いけれど、30 歳を超えた女性がすると痛々しくて見ていられない行動ってありますよね。若い子と同じ感覚でいるのかもしれないけれど、見た目がもう違うということに気付いてほしいと感じることもあるでしょう。

あなたは若いつもりでも、周りの人からは年相応の行動をして欲しいと思われているかもしれません。そこで、30オーバーの女性にはして欲しくない行動について紹介します。気持ちが若いと自負している女性は、要チェックですよ。

■自分のことを名前呼び
小さい子や若い子が自分のことを名前で呼んでいると可愛いと思うこともあるでしょう。しかし、30 歳を超えて自分のことを名前で呼んでいる女性は、痛いです。名前呼びを聞くたびに辛くなるという人もいます。

自分のことを名前で呼んでいた女性もある時を境に「私」と呼び方を変えていくものです。いつまでも名前呼びでは格好悪いと自ら感じて、呼び方を変えたという人もいるでしょう。その流れに乗らず、いつまでたっても呼び方が変わらない女性は、精神年齢が幼く見てしま います。

■ミニスカートを履く
ボディケアをきちんとしていて、筋トレもも欠かさず行っているようなスタイルに自信がある女性ならいいですが、何もしていない 30 オーバーの女性が履くミニスカート姿はきついです。変なものを露出しないで欲しいと思われることもあります。

年齢とともに肌にハリがなくなってきます。顔に限らず腕や足も一緒です。そのため、足もたるんでくるのです。そんなたるんだ足でミニスカートを履かれると目のやり場に困ってしまいます。絶対に見てはいけないと思えば思う程、気になってしまうのです。

■ぶりっ子
聞かれたことに「分かんないー」といったように語尾を伸ばしながら返事をするのをやめて欲しいと感じることもあります。いい大人がかわい子ぶっても可愛くないし、そんな姿見たくないと感じるのです。

ぶりっ子が可愛いのは若いからです。無理やりかわい子ぶったところで痛いだけの行動になってしまいます。若い子に張り合ってかわい子ぶるよりも、年を重ねてきた分知性を発揮して欲しいと感じることは多いです。

■ギャルっぽい髪形
昔はやっていた格好をそのまま引き継いでいるような、ギャルっぽい髪形をしている女性を痛いと感じることもあります。今風のギャルではなく、30 オーバーの女性の学生時代に流行ったギャルの姿は時代遅れです。

過去の栄光にすがっているのか、時が進んだ今でも昔のギャルの髪形をしているのを見て、「今は令和だよ!」と思う人もいるでしょう。時代の流れに逆らってその女性の周りだけ空気感が違うということになってしまうのです。

■年齢とともに変化しよう!
バカやって遊んでいた人も、年を重ねるとともに落ち着いた人間になっていくものです。

いつまでも若い時と同じようなことをしていないで、その年齢に合った行動や服装をすように心がけていきましょう。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ