トリンドル玲奈『ひるおび』新レギュラーに!“薄い”コメントにブーイング

まいじつ

トリンドル玲奈 
(C)まいじつ 

3月29日、『ホンジャマカ』恵俊彰がMCを務める情報番組『ひるおび!』(TBS系)に、タレントのトリンドル玲奈が初出演。月曜コメンテーターとしてレギュラー入りすることが発表された。

トリンドルは同日、自身のインスタグラムを更新し、《本日から『ひるおび!』に毎週月曜日(午前中)出演することになりました!》と報告。《初回の放送では、恵さんはじめ皆さんにとても温かく迎え入れていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。知識が増えるだけでなく、朝からとても優しい気持ちになりました》とし、《来週からも精一杯頑張ります! 温かい目で見守っていただけたら、嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします》と、あいさつした。

トリンドルは慶應義塾大学環境情報学部を卒業した才女で、日本語・ドイツ語・英語を話す〝トリリンガル〟としても知られている。番組では時事ネタから芸能ネタまで、臨機応変に対応できると期待しているようだが…。

「初出演では、大相撲春場所で3度目の優勝を果たした関脇照ノ富士について意見を求められ、『今回、同い年だって知って、同じ29歳で、すごいなあと思いましたし、ご結婚もされたって聞いて、奥様にすごい支えられたっていうのも聞いて、ほんとに素晴らしいなあと感動しております』とコメント。また、新型コロナウイルスのワクチン接種については『会場を変えるっていうほど(ワクチンに)差があるのかなーって。それぞれのワクチンについてちゃんと自分で情報を得なきゃ。(自分で)選ばなきゃいけないんだなと思って、しっかり勉強しなくちゃと思います』『オーストリアの祖父母がもう2回打ったっていう話を聞いたので、どうだったか聞いてみたいなと思います』などと、まずは無難に答えました。月曜コメンテーターは過去に女優の原千晶が務めていましたが、トリンドルにも同じような〝親しみやすい〟キャラクターが求められているのではないでしょうか」(エンタメ誌記者)

意見の薄さが“危惧”されるトリンドル玲奈


もっとも、初回のあまりにも当たり障りのないコメントに、ネット上では、

《『バイキング』の高橋みなみみたいになりそう。普通のことをダラダラとしゃべるだけだけなんじゃないかな》
《「勉強したい」と言うのはおかしくないですか? 薄っぺらいコメントはいらないです》
《視聴者目線のコメンテーターなんだろうけど、この人なんか信念が無いというか、嘘っぽい》
《一言しか出てこないけど『まだ何かしゃべらなきゃ』って当たり障りのないことで尺を稼いでるように感じた》
《芸人コメンテーターが増えて、最近は俳優やらモデルまでがやるようになったけど、視聴率稼ぎのためならもうコメンテーター要らなくないですか?》

などと、早くも厳しい意見が寄せられている。

番組としてはスタジオに華を添えたい意向もあるのだろうが、トリンドルが複雑な政治情勢などに的確なコメントができるかは未知数。「しっかり勉強しなくちゃと思います」などとコメントしているようでは、先行きが思いやられると感じた視聴者も多かっただろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ