メガネ姿が嫌......!自分に似合う眼鏡の選び方って?

ハウコレ



目が悪いから普段ずっとコンタクトを付けているという女性も多いですよね。コンタクトのせいで目が乾いたり、目が疲れてくるのでメガネに変えようか考えている女性もいるでしょう。しかし、メガネ姿の自分が嫌いでなかなか踏み出せないということもあります。

コンタクトもいいですが、目が疲れた時はメガネにした方が楽という人もいます。そこで、自分に似合う眼鏡の選び方について紹介します。顔の形によって似合う眼鏡が変わってくるので、自分の顔の形をまずは確認しましょう。

■丸顔に似合う眼鏡
丸顔の女性にはスクエアタイプのメガネが似合います。顔の輪郭に丸身をおびているため、柔らかい印象がある反面やぼったく見えることがあります。スクエアタイプの直線感が、顔をシャープに見せてくれるのです。

スクエアタイプは角ばりすぎて好みじゃないというのであれば、ウェリントンタイプも丸顔の人に似合います。縦の幅が大きいものではなく、浅めのデザインにすることで顔のラインを引き締めて見せることができます。はっきりとした黒色にするとよりいいでしょう。

■三角顔に似合う眼鏡
あごがシャープですっきりとした印象のある三角顔に人には、オーバルタイムが似合います。顔がすっきりしているために、きつく見られがちな顔も、オーバルタイプの丸みを帯びた眼鏡をすることで柔らかい印象を与えることができます。フレームが細身なものを選ぶことにより、メガネが主張してこずに顔に馴染んで見えます。

三角顔の人は、フォックスタイプのメガネはやめておいた方がいいです。両サイドが吊り上がっているフォックスタイプは、シャープな顔立ちをよりシャープに見せてしまいますよ。

■四角顔に似合う眼鏡
角々とした印象のある四角顔の人には、オーバルタイプのメガネが似合います。がっちりとした印象の強い四角顔が、楕円形のフレームによって輪郭をぼかすことができ、柔らかい印象を与えることができます。

四角顔に人にはボストンタイプやラウンドタイプも似合います。どちらも丸型フレームなので曲線が角ばった顔立ちのイメージを変えてくれます。反対にスクエアタイプにしてしまうと角がより強調されてしまうので、ごつい印象になってしまいますよ。

■面長に似合う眼鏡
面長な顔立ちの女性には、ウェリントンタイプのメガネが似合います。落ち着いた印象を与える面長な顔立ちは、逆台形のメガネをかけることによりかわいらしい印象へと変わります。どうしても縦に長く見えてしまう面長な顔立ちは、縦幅の長いウェリントンタイプを付けることによって、顔を短く見せることができます。

ウェリントンタイプ以外にも、ボストンタイプのメガネも似合います。柔らかい糞いいを望むのであれば、丸がベースになっているボストンタイプの方が顔にしっくりくるでしょう。

■自分に似合う眼鏡を付けよう!
眼鏡を付けることで印象ががらりと変わることがあります。似合わない眼鏡を付けている人は、自分に合ったメガネに変えてみるのもいいでしょう。

メガネに変えることで、あなたの新たな魅力が出てくることもありますよ。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ