「当たり前じゃないから」 シャープが呼びかけた“言葉”に考えさせられる

しらべぇ




シャープが1日に公式ツイッターアカウントを更新。新入社員に向けたメッセージが多くの反響を呼んでいる。

■「当たり前」は当たり前じゃない


「今日からどこかで働き出す新入社員のみなさん。職場では『こんなの当たり前だから』という顔や理由で仕事を教えてくる人がいます」と切り出した、同アカウントの“中の人”。

「それほとんど、当たり前じゃないから。その会社、その業界だけの当たり前なことがほとんどだから。むしろこっちが検証してやるくらいがちょうどいいと思います」とつづった。



さらに続く投稿では、「私はツイッターで会社からはみ出すことで、いままで教えられてきた『そんなの当たり前』がそうでなかったと知りました。ましてやマスクみたく、常識が反転する時代です。新しい側の人は、どっちがまともか、自信をもってください」と新入社員にエールを送っている。

関連記事:「上司にキレた経験あり」60代男性では半数も 若い頃に我慢できず

■ユーザーから反響相次ぐ


投稿から8時間ほど経った時点で5,000を超えるリツイートや、2万以上の「いいね」がついた今回の投稿。中の人の温かい言葉に、ユーザーからは「ほんとそれ」「ちょっと気分が上向きました。シャープさんありがとう」「『ずっとこのやり方だから』も危険ワードです」「これを公式アカウントで言っちゃうところが素晴らしい」と共感や称賛する声が寄せられた。

中には「御社の人たちは結構それに該当していますよ」といった声が寄せられているが、中の人は「私もそう思うところがあります。申し訳ありません」と返信している。

■仕事のためなら我慢できる?


古い慣習に違和感を抱いていても「それが仕事というもの」と割り切って我慢している人は少なくないはず。

しらべぇ編集部が全国10~60代の有職者男女734名に調査したところ、全体の13.5%が「仕事のためならなんでも我慢できる」と回答している。性年代別で見ると、もっとも割合が高いのが10~20代の男性で2割強。まさに「新入社員」に該当する年代だ。



仕事を頑張ることはとても大切なこと。ときにはつらいことや我慢すべきこともあるだろう。だが、それは本当に「当たり前」なのか、考えながら仕事をすることが大切なのかもしれない。

・合わせて読みたい→「叱る人がいなくなれば終わり」10代女性の7割も 相手を思うからこそ…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代有職者の男女734名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ