城島茂&国分太一&松岡昌宏の新体制で初CM “TOKIO企画”で作曲も担当

 4月から株式会社TOKIOとして新たなスタートを切った城島茂、国分太一、松岡昌宏をイメージキャラクターに起用したフマキラーの新テレビCMが、4月2日から順次、全国で放送される。3人が新体制で初めて出演するCMとなる。

新CMは、天使のスキンベープ「なんで伝わらないんだ そういうことか」篇、どこでもベープ未来「なんで伝わらないんだ 屋上」篇、おすだけベープ「なんで伝わらないんだ 応接室」篇の3篇(各15秒)。WEBムービーとテーマソングムービーも、4月2日から特設サイトで公開される。

1997年にフマキラーのテレビCMに初出演して以来、長年にわたりフマキラーの“顔”を務めてきたTOKIO。25年目となる今年は、国分がクリエイティブディレクターに就任し、企画として制作の指揮をとるほか、フマキラー会長が会議中に発した「(製品の魅力が)なんで伝わらないんだ!不思議でしょうがない!」の言葉をそのまま歌詞として使用したテーマソングの作曲も担当した。フマキラー社員による合唱をバックに思いの強さを真っすぐ伝える、TOKIOならではのストレートトークとドキュメンタリータッチの映像作品となっている。

国分は打ち合わせで「どんな時でも、どんなことがあっても見捨てることなく見守っていただいた」と感謝を伝えると同時に、自身が「フマキラーの“表面”しか見ていなかった。24年間の力不足を痛感した」と告白。「今こそTOKIOが技術力を伝えるべき!自分が知った感動を伝えさせてください」と猛アピールし、「徹底的に伝えるコミュニケーション」をコンセプトに掲げたTOKIOならではの新しいCMを企画した。

国分は「なんで伝わらないんだ!不思議でしょうがない!」というフマキラー会長の言葉をそのまま歌詞として使用することで、印象的かつインパクトのあるテーマソングを完成させた。さらに、その曲を歌うのはTOKIOよりもフマキラーの社員であるべきと提案。歌の収録とテーマソングムービーの撮影には50人の社員だけでなく、会長や社長、副社長、開発本部長も参加し、国分のディレクションの下、映像を完成させた。

撮影現場のフマキラー広島工場の屋上にスーツ姿で登場した国分は、“共演者”である城島、松岡にクリエイティブディレクターとして深く頭を下げ「よろしくお願いします」と“やや他人行儀な”あいさつを交わし、撮影をスタート。現場を訪れた会長から「熱が入ってますね」とねぎらいの声を掛けられ笑顔を見せたが、慌ただしいスケジュールの中で撮影を終えると「大変だった」と苦労を吐露しながらも、いい経験ができたと満足げな表情に。フマキラー社員が歌う映像に感動し、涙を流しそうになった心境も明かした。

撮影後、城島は新体制となるTOKIOについて、「これまでグループとしてやってきましたが、新たに会社としても『TOKIO』をやっていきますので3人で新体制となりますが、これまで以上に広く、しかし気持ちは深く、新しいことにもチャレンジしていきたいと思っています」と意気込みを語った。

城島茂、国分太一、松岡昌宏が出演するフマキラーの新テレビCMは、4月2日から順次、全国で放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ