大原優乃・寺本莉緒・石田桃香・安藤咲桜、プラモデル役衣装に大満足! “なかなか脱げない”苦労も


●個性豊かなプラモデル役「素敵な衣装に胸が高鳴っていました」
主演の白石聖をはじめ女優17人が集結するMBS/TBSドラマイズム『ガールガンレディ』が4月6日にスタートする。本作は、女子高生たちが学校を舞台に、プラモデルの銃を使って“生き残りをかけたバトル”を繰り広げる“新時代の大人向け特撮ドラマ”。メイン舞台となるサバイバルゲーム「ガールガンファイト」に参加するのは戦い方もさまざまな4チームで、それぞれコマンダー(司令塔)1人とプレイヤー(戦闘者)3人の4人体制で構成されている。

放送を前に、命を吹き込まれ人間のように動くプラモデルであるコマンダーを演じた大原優乃(アリス役)、寺本莉緒(ビアンカ役)、石田桃香(シャーロット役)、安藤咲桜(デイジー役)にインタビューし、自身の役を演じた感想や撮影現場の裏話などを聞いた。

――4体とも個性的なキャラクターですが、ご自身との共通点はありますか?

安藤:デイジーは戦闘が好きな狂気的な一面があり、私も日頃、FPS(ファーストパーソン・シューター)ゲームをするので、この4人の中では一番、戦闘慣れしているような気がします(笑)。そこが共通点かなと思います。FPSゲームをしていても敵に突っ込む好戦的なタイプで、通ずるところがあります。

寺本:ビアンカは控えめで、あまり笑わないタイプのキャラクターですが、おっちょこちょいなところは似ていると思いました。また、伊達メガネをかけていて、形から入るところが似ています。私もスポーツなどは形から入るので。

大原:アリスはコマンダーの中でも人間的な感情が大きなキャラクターで、チームメイトの死に涙し、優しい一面があります。似ているなと感じる部分があるかどうかわからないのですが、私も人間の気持ちはわかるので(笑)、コマンダーの中では演じやすかったかなと思います。

石田:シャーロットは関西弁が特徴ですが、私も大阪出身なので普段は関西弁で、私の延長先にシャーロットがいた感じがします。指示を出す時も考えずに行動して、口に出たことを信じてやっていくノリが強い子で、そこも似ていると思いました(笑)

――衣装で気に入っている点はどこでしょうか?

安藤:たくさんあるので難しい! 全体的にものすごくカッコいい衣装でした。デイジーは特に黒赤を基調にした衣装で、私の好きな色が黒なのでカラーリングはカッコいいと思いました。お腹にタトゥーが入っているキャラクターで、そこがもう刺さりますよね!(笑) タトゥーシールを貼っていたのですが、毎回角度や位置を計算しながら貼っていたので、そこも注目しながら観てほしいです。

寺本:ビアンカは唯一、首まで衣服がつまっていて襟があり、ネクタイもしているのですが、しっかりしているビアンカっぽくて好きなところです。唯一、メガネをかけているところもすごく特徴的で、色使いもすごく好きで、エメラルドグリーンと発色ピンク。パキッとした色がすごく好きでした。

大原:もともとアニメやゲームが好きでコスプレにすごく興味があったので、アリスという役を通して素敵な衣装を着させてもらえて密かに胸が高鳴っていました。プラモデルのアリスとリンクさせている部分も大きいですが、衣装は本人たちにも寄せてくださっているので、より思い入れがありました。あとアリスは水色のカラーなので、美肌になるためにいつもより白めのファンデーションを塗って頑張りました!

石田:シャーロットはしゃべったら毒舌というか、おっさんが出てくるんちゃうか!? と思うくらい乱暴ですが、ひらひらのレースをモチーフにしていて、かわいらしいものが好きなのかもしれないというところが出ていたと思いました。最初の衣装合わせではロボットみたいな歩き方しかできなかったのですが、何回も改良を重ねてもらううちに最後は走れるくらいまでに改良されていて、最後にキチッ! とハマった時は感動しました。

●4人で同じ悩みを共有「苦しい!」「聞こえない!」

――撮影で大変だったことや楽しかったことを教えてください。

安藤:装備です! ウィッグにヘッドフォン、カラコンと、今までにない衣装でした。頭が締め付けられて周りの音も遮断されてしまい、監督の指示が聞こえず「すみません! もう1回言ってください」というアクシデントがよくありました。あとは片目が隠れているキャラクターだったので距離感がつかめず壁にぶつかったり、右目が隠れているので右後ろから話しかけられるとびっくりしたり、死角を初めて経験して大変でした。でも新鮮な体験をさせていただけたので、すごく楽しかったです。

寺本:私はプレイヤーのみなさんと一緒に撮影をする時間が少なく、プレイヤーさんたちが戦っている姿をほかの教室で見ている設定だったので、感情や熱を込めるお芝居が難しかったです。画面に出るはずのものが撮影中は映っていなかったので、何か言われているんだろうなと想像しながら演じました。

大原:手袋をしていて素手が出ていなかったのでiPhoneの指紋認証ができなかったり、台本のページを1人でめくることができなくて、撮影中は白石聖ちゃんに阿吽の呼吸で助けてもらっていました。昨年の猛暑の中で撮影していたので、猛暑との戦いもありました。学校の撮影では熱がこもってしまい、スタッフさんたちが仰いでくださったりして、支えてもらいながら撮影しました。

石田:シャーロットはほかのキャラクターより頭が2倍ぐらい重たかったんです。終盤の撮影で夜になるにつれて、頭が後ろに引っ張られてオン眉になってきてしまい、メイクさんが必死に頭を押さえ、私も何とかしてオン眉を防ぐことに力を注いでいました(笑)

――同世代が一堂に会しての撮影現場はいかがでしたか?

安藤:同世代ということで互いに打ち解けるまでが早かったです。かわいい子たちに囲まれ、にやけながら撮影していましたが、悩みごとなど同世代だから出てくる話題はたくさんありました。作品の雰囲気は戦いがあるのでシリアスで殺伐としているのですが、現場の雰囲気はよく、和気あいあいと撮影をしていました。

寺本:コマンダーの4人で集まっている時は、なかなかコスチュームが脱げないという同じ悩みごととして、「苦しい!」「聞こえない!」という思いを共有していました(笑)。トイレタイムが限られていたので、「行きたい?」「行きましょう!」みたいな感じで、同じ悩みがあったからこそ、早く打ち解けられた感じはありました。

大原:17人の大人数だったのですが、休憩時間も自然とそれぞれのチームの中で分かれていて、私は小春役の白石聖ちゃんとは以前ご一緒していたので、聖ちゃんに甘えて楽しませていただきました。コマンダーのみなさんとは丸2日間、40シーンくらいをみんなで頑張って乗り越えたのですが、それぞれの本質が見えるシーンが多かったので、心が打ち解ける時間も早かったなと思いました。

石田:みなさんの活躍を今まで見ていて、それまでちゃんとお会いしたことがなかったので、「今まで見ていた人たちに会えるんや!」って、会えることがまずシンプルにすごくうれしかったです。いざ集まってみると、私が一番年上ではあるのですが、すごく助けられました。めっちゃ緊張していたのですが、心穏やかに撮影に挑めました。

●大人向け特撮ドラマというジャンルを「切り開いていけたら」

――全10話の見どころなど、注目してほしいポイントをアピールお願いします。

安藤:全部見どころですが、アクションシーンがめちゃくちゃかっこいいです。撮影の合間にプレイヤーの子たちが練習しているのを見ていたので、この練習がこんなにカッコいいアクションシーンになっているのかと思うと、ウルッと感動する部分もあって、アクションシーンは注目してほしいです。

寺本:女子高生たちが繰り広げるサバイバルゲームで、命を賭けて戦っている表情や仕草に注目してもらいたいです。最終話に近づくにつれてアクションシーンがどんどんハードになっていきます。ビアンカについては、初めはおっとり控え目なのですが、だんだん化けの皮がはがれていくので、そのギャップを楽しんでほしいです。

大原:大人向けの特撮ドラマということで、私自身初めて聞いたジャンルなので(笑)、初めてのジャンルを『ガールガンレディ』が切り開いていけたらなと思います。アクションシーンはぜひ注目していただきたいです。チームメイトが戦っている姿を見て私自身も感動しましたし、コマンダーも自分のチームが危ないと思ったら指令室を飛び出して戦ったりもするので、話が進んでいくごとに私たちにも注目してほしいと思います。

石田:プラモデルが動き始めるシーンが見ていても面白かったですし、そのキャラクターたちが女子高生たちと意思疎通できるのか、見どころは多いです! 「自分ならこのチームを応援したい」、「自分だったら」など、そういうことも想像しながら観ると楽しいと思います!

『ガールガンレディ』は、MBSで毎週火曜24時59分~、TBSで毎週火曜25時28分~(※初回のみ25時30分~)放送。TVer、MBS動画イズム、GYAOにて見逃し配信。

(C)「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ